キーワードで検索

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 半ば諦めていたとき、ついに同社が求めていた生産設備が富士ゼロックスから発売された。それこそが「DocuColor 7171 P (Model-ST)」だ。
特殊色専用機の第1号機を導入
 同機は、ゴールド、シルバー、ホワイトにブラックを加えた4色を搭載する特殊色専用のプロダクションプリンター。小久保課長が認めた「Iridesse Production Press」の特殊トナーを搭載して、光輝性の高いゴールドやシルバーなどの印刷を可能にした。その印刷仕上がりを評価し、同社は今年2月に導入に至った。

 導入からわずか1ヵ月ではあるが、すでに特殊トナーを使用した印刷物を受注しているという。また、様々な色紙への印刷が可能となったことに刺激を受けた制作スタッフから、魅力的なサンプルが営業スタッフへ次々と提供され、営業スタッフも顧客に対して積極的に提案を行い、顧客の反応を持ち帰っては制作スタッフと共有するといったコミュニケーションが活発になったという。

 同機の特殊トナーの表現力について中田社長は、「婚礼や叙勲などのイベントでは、金はどうしても欠かせないアイテム。これまでは、箔押し加工で対応してきたが、導入後は内製化することができた」と評価している。

 同社では、Versantシリーズ2機種を設置しており、従来の4色印刷についてはこれらの設備で対応する。特殊トナー専用機については、差別化戦略の印刷機として稼働させていく。

 そのため、小久保課長は様々な色紙を使い特殊トナー各色との相性などを確認するテストを実施している。加えて、実際にその印刷物が使われる光源下での視覚的効果までも検証している。
紙の風合いと特殊トナーを融合させることで高付加価値印刷物の提供が可能となる
 「印刷の概念を覆す可能性を持った印刷機だと実感している。今までは、黒い紙にブラックを印刷することなど考えたことがなかった。しかし、実際に印刷してみるとニス引きのような表現が可能になる」(小久保課長)

 今後は、課題となっていた手作業の削減、箔押し加工の内製化、そしてデジタル印刷の特性である多品種・小ロット対応力を活かし、同社の強みである「小回りのきくサービスの提供」のさらなる向上を図っていく方針だ。

 「現在、人口減少に比例してブライダル人口も減少傾向にある。この難局を打破するためにも、この特殊色専用機を活用して、これまでにないような魅力溢れる印刷物を創り出し、ブライダル関連業界の活性化に貢献していきたい」(中田社長)

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
 半ば諦めていたとき、ついに同社が求めていた生産設備が富士ゼロックスから発売された。それこそが「DocuColor 7171 P (Model-ST)」だ。
特殊色専用機の第1号機を導入
 同機は、ゴールド、シルバー、ホワイトにブラックを加えた4色を搭載する特殊色専用のプロダクションプリンター。小久保課長が認めた「Iridesse Production Press」の特殊トナーを搭載して、光輝性の高いゴールドやシルバーなどの印刷を可能にした。その印刷仕上がりを評価し、同社は今年2月に導入に至った。

 導入からわずか1ヵ月ではあるが、すでに特殊トナーを使用した印刷物を受注しているという。また、様々な色紙への印刷が可能となったことに刺激を受けた制作スタッフから、魅力的なサンプルが営業スタッフへ次々と提供され、営業スタッフも顧客に対して積極的に提案を行い、顧客の反応を持ち帰っては制作スタッフと共有するといったコミュニケーションが活発になったという。

 同機の特殊トナーの表現力について中田社長は、「婚礼や叙勲などのイベントでは、金はどうしても欠かせないアイテム。これまでは、箔押し加工で対応してきたが、導入後は内製化することができた」と評価している。

 同社では、Versantシリーズ2機種を設置しており、従来の4色印刷についてはこれらの設備で対応する。特殊トナー専用機については、差別化戦略の印刷機として稼働させていく。

 そのため、小久保課長は様々な色紙を使い特殊トナー各色との相性などを確認するテストを実施している。加えて、実際にその印刷物が使われる光源下での視覚的効果までも検証している。
紙の風合いと特殊トナーを融合させることで高付加価値印刷物の提供が可能となる
 「印刷の概念を覆す可能性を持った印刷機だと実感している。今までは、黒い紙にブラックを印刷することなど考えたことがなかった。しかし、実際に印刷してみるとニス引きのような表現が可能になる」(小久保課長)

 今後は、課題となっていた手作業の削減、箔押し加工の内製化、そしてデジタル印刷の特性である多品種・小ロット対応力を活かし、同社の強みである「小回りのきくサービスの提供」のさらなる向上を図っていく方針だ。

 「現在、人口減少に比例してブライダル人口も減少傾向にある。この難局を打破するためにも、この特殊色専用機を活用して、これまでにないような魅力溢れる印刷物を創り出し、ブライダル関連業界の活性化に貢献していきたい」(中田社長)

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP