キーワードで検索

コダック、「PROSPER」ブランドをパッケージ分野へ展開

「高速処理=プライマー」- Stream技術の優位性とは
執行役員エンタープライズIJシステム本部長 河原一郎氏に聞く

2019年4月9日スペシャリスト

 ワールドワイドでパッケージ分野にフォーカスしたインクジェットソリューションを展開するコダックは今年2月、イタリア・ベローナにあるUteco社の本社において、パッケージ分野に向けた2つのインクジェットソリューションを発表した。これまでデータプリントやダイレクトメール分野におけるデファクトスタンダードとしてその地位を確立してきた「KODAK PROSPER」のブランド力をパッケージ分野へと展開する上で、その存在を明確に知らしめることが狙いだ。そこで今回、執行役員エンタープライズインクジェットシステム本部長の河原一郎氏に、その新たな展開について聞いた。
河原 氏

イタリア・Uteco社で新展開発表イベント

 まず、パッケージ分野向けのインプリンティングソリューションとして「PROSPER Plus」を発表した。

 これは、PROSPER Sシリーズをベースに開発されたもので、プリントヘッドをコアに、プレコーティングの技術と食品安全パッケージ向けインクの提供、さらに様々な材料や他社ベンダーの既存設備などとの互換性担保というソリューション・コンセプトで構成されている。
PROSPER Plusインプリンティングシステム
 プリントヘッドは、パッケージ分野向けに最適化した260メートル/分と600メートル/分の2モデル。それぞれに105ミリ幅と210ミリ幅(2つのヘッドをステッチング)をラインアップし、計4モデルの製品構成となる。

 これらのコンポーネントは、オフセット、フレキソ、グラビア印刷機にインラインで搭載できるほか、折り加工や糊付けシステムといったフィニッシングラインにも実装でき、既存の様々な印刷工程全体にデジタルを柔軟に取り入れることが可能である。

 ベローナでのもうひとつのトピックスは、Uteco社がULTRASTREAM製品を正式に購入する契約締結の発表である。drupa2016で発表したULTRASTREAMは、現在19社のOEMベンダーと覚書を締結しているが、今回のUteco社との契約は、それを一歩進めた法的拘束力のある開発契約であり、いよいよラインヘッドの供給が開始される。

 ULTRASTREAMは、小さいサイズのドロップを均一に落とし、印刷されない部分に電荷をチャージして、それを抜き取るという技術。印刷部分は電荷に影響されずに落ちてイメージを形成する。この技術により、インクサイズはStreamのおよそ1/3になり、各種の用紙やフィルムに最高150m/分の速度で600×1,800dpiの高精細印刷が可能となる。
KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール
 今回の発表は、Uteco社とコダックが共同開発した軟包装向けデジタルプレス「Sapphire EVO」のプリントヘッドとしてULTRASTREAM技術を採用するという話しではなく、基本的にはまったく新しい機械設計になると思われる。

 ULTRASTREAMはOEM製品。コダック側のスキームは、「どの幅でラインヘッドを組み上げるか」ということで、これはOEMベンダーによって異なる。

 現在のSapphire EVOは620ミリ幅で、6個のプリントヘッドをステッチングしている。Uteco社のSapphire EVOの資料には、「ULTRASTREAMにも対応可」を謳っているため、Uteco社には少なくとも620ミリ幅以上のラインヘッドが供給されるだろう。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。他の積極的なOEMベンダーも2020年のdrupaに照準を定めており、富士機械工業や三菱重工機械システムを含む日本のパートナー企業5社も今回のUteco社の動きに追随する形で製品化の実現に向けた動きを加速させるものと推測される。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

コダック、「PROSPER」ブランドをパッケージ分野へ展開

「高速処理=プライマー」- Stream技術の優位性とは 執行役員エンタープライズIJシステム本部長 河原一郎氏に聞く

2019年4月9日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ワールドワイドでパッケージ分野にフォーカスしたインクジェットソリューションを展開するコダックは今年2月、イタリア・ベローナにあるUteco社の本社において、パッケージ分野に向けた2つのインクジェットソリューションを発表した。これまでデータプリントやダイレクトメール分野におけるデファクトスタンダードとしてその地位を確立してきた「KODAK PROSPER」のブランド力をパッケージ分野へと展開する上で、その存在を明確に知らしめることが狙いだ。そこで今回、執行役員エンタープライズインクジェットシステム本部長の河原一郎氏に、その新たな展開について聞いた。
河原 氏

イタリア・Uteco社で新展開発表イベント

 まず、パッケージ分野向けのインプリンティングソリューションとして「PROSPER Plus」を発表した。

 これは、PROSPER Sシリーズをベースに開発されたもので、プリントヘッドをコアに、プレコーティングの技術と食品安全パッケージ向けインクの提供、さらに様々な材料や他社ベンダーの既存設備などとの互換性担保というソリューション・コンセプトで構成されている。
PROSPER Plusインプリンティングシステム
 プリントヘッドは、パッケージ分野向けに最適化した260メートル/分と600メートル/分の2モデル。それぞれに105ミリ幅と210ミリ幅(2つのヘッドをステッチング)をラインアップし、計4モデルの製品構成となる。

 これらのコンポーネントは、オフセット、フレキソ、グラビア印刷機にインラインで搭載できるほか、折り加工や糊付けシステムといったフィニッシングラインにも実装でき、既存の様々な印刷工程全体にデジタルを柔軟に取り入れることが可能である。

 ベローナでのもうひとつのトピックスは、Uteco社がULTRASTREAM製品を正式に購入する契約締結の発表である。drupa2016で発表したULTRASTREAMは、現在19社のOEMベンダーと覚書を締結しているが、今回のUteco社との契約は、それを一歩進めた法的拘束力のある開発契約であり、いよいよラインヘッドの供給が開始される。

 ULTRASTREAMは、小さいサイズのドロップを均一に落とし、印刷されない部分に電荷をチャージして、それを抜き取るという技術。印刷部分は電荷に影響されずに落ちてイメージを形成する。この技術により、インクサイズはStreamのおよそ1/3になり、各種の用紙やフィルムに最高150m/分の速度で600×1,800dpiの高精細印刷が可能となる。
KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール
 今回の発表は、Uteco社とコダックが共同開発した軟包装向けデジタルプレス「Sapphire EVO」のプリントヘッドとしてULTRASTREAM技術を採用するという話しではなく、基本的にはまったく新しい機械設計になると思われる。

 ULTRASTREAMはOEM製品。コダック側のスキームは、「どの幅でラインヘッドを組み上げるか」ということで、これはOEMベンダーによって異なる。

 現在のSapphire EVOは620ミリ幅で、6個のプリントヘッドをステッチングしている。Uteco社のSapphire EVOの資料には、「ULTRASTREAMにも対応可」を謳っているため、Uteco社には少なくとも620ミリ幅以上のラインヘッドが供給されるだろう。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。他の積極的なOEMベンダーも2020年のdrupaに照準を定めており、富士機械工業や三菱重工機械システムを含む日本のパートナー企業5社も今回のUteco社の動きに追随する形で製品化の実現に向けた動きを加速させるものと推測される。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP