キーワードで検索

プロネート、「未知の可能性を秘めたプリンタ」〜ワイドフォーマットIJプリンタ「Nyala LED」導入

2019年4月11日ケーススタディ

高生産性と世界最高峰の品質評価 〜 盛り上げ、光沢なども美しく表現

 (株)プロネート(本社/東京都板橋区、狩野征次代表取締役会長)は昨年9月、販促ツールの制作に活用してきた従来のワイドフォーマットIJプリンタが老朽化してきたことから、その後継機としてswissQprintのワイドフォーマットIJプリンタ「Nyala LED」を導入した。同社はこれにより、生産性を4倍以上に向上させたほか、従来はインキが乗りにくかったアクリルや樹脂などのメディアにも容易に印刷が可能になった。6色+バーニッシュ/プライマーにより幅広い色域に対応が可能になり、さらに盛り上げや光沢などの表現も美しく行えるようになるなど、セールスプロモーションファクトリーとして様々な販促ツールを制作する同社にとって欠かせない存在となっている。
制作物の前で狩野会長(左)と増田部長

 同社は1973年に製版会社として創業。主に海外向けの雑誌広告の製版を経営の柱として成長を遂げ、当時はこの分野で国内シェア50%以上を占めていたが、1997年に転機が訪れた。JAGAT主催のサンフランシスコでの印刷会議に出席した狩野会長は、そこでのビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズの講演を拝聴し「今後はインターネットも販促ツールにする時代が来ていることを察知した。また、海外向け雑誌広告の需要も減少すると感じ取り、内需への転換を図った」と海外向けの雑誌広告の仕事から撤退するとともに、内需の仕事に方向転換することを決断した経緯を振り返る。

 同時にオンデマンド系のデジタル印刷にシフトしていく必要性も強く感じた狩野会長は、業界に先駆けてフルカラーデジタル印刷機「E-Print」を導入。海外雑誌用の広告製版に代わる仕事として、カラーカタログなどの販促ツールのデジタル印刷で競争力を強化してきた。そして2002年からは、顧客の販促活動そのものを企画・運営する事業を展開。大手広告代理店などに社員を出向させてノウハウを吸収しながら事業拡大を続けている。某流通大手企業のアイスクリームや冷凍食品のキャンペーンやイベント等を行い、現在も同事業の中心事業として続いているようだ。

 そして同社は創立25周年にあたる1998年、中期計画「複合メディア印刷業」を方針として打ち出した。それから現在まで、同社はクライアントの販促活動をあらゆる側面から支援するセールスプロモーションファクトリーとして、「印刷×プロモーション×WEB」を中心に事業活動を展開。2017年9月には販促ツールの制作を中心とする特設サイト「OPEN FACTORY」を開設し、Nyala LEDをはじめ、クライアントから依頼されるあらゆる販促ツールの制作に対応するための設備を拡充している。

 同サイトには開設から1年半で毎月約50件の問い合わせが入っているようで、狩野会長は「このうち25%は実際の受注につながっている。外務省からもOPEN FACTORYに問い合わせが入り、『G20』に使用する木製看板をNyala LEDで制作した。また、某有名ブランドショップのフロアシートも制作した。Nyala LEDは未知の可能性を秘めたプリンタであり、新規開拓に非常に向いているプリンタであると評価することができる」と様々なメディアに高品質かつ高速に出力できるNyala LEDに大きな期待を寄せている。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

プロネート、「未知の可能性を秘めたプリンタ」〜ワイドフォーマットIJプリンタ「Nyala LED」導入

2019年4月11日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

高生産性と世界最高峰の品質評価 〜 盛り上げ、光沢なども美しく表現

 (株)プロネート(本社/東京都板橋区、狩野征次代表取締役会長)は昨年9月、販促ツールの制作に活用してきた従来のワイドフォーマットIJプリンタが老朽化してきたことから、その後継機としてswissQprintのワイドフォーマットIJプリンタ「Nyala LED」を導入した。同社はこれにより、生産性を4倍以上に向上させたほか、従来はインキが乗りにくかったアクリルや樹脂などのメディアにも容易に印刷が可能になった。6色+バーニッシュ/プライマーにより幅広い色域に対応が可能になり、さらに盛り上げや光沢などの表現も美しく行えるようになるなど、セールスプロモーションファクトリーとして様々な販促ツールを制作する同社にとって欠かせない存在となっている。
制作物の前で狩野会長(左)と増田部長

 同社は1973年に製版会社として創業。主に海外向けの雑誌広告の製版を経営の柱として成長を遂げ、当時はこの分野で国内シェア50%以上を占めていたが、1997年に転機が訪れた。JAGAT主催のサンフランシスコでの印刷会議に出席した狩野会長は、そこでのビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズの講演を拝聴し「今後はインターネットも販促ツールにする時代が来ていることを察知した。また、海外向け雑誌広告の需要も減少すると感じ取り、内需への転換を図った」と海外向けの雑誌広告の仕事から撤退するとともに、内需の仕事に方向転換することを決断した経緯を振り返る。

 同時にオンデマンド系のデジタル印刷にシフトしていく必要性も強く感じた狩野会長は、業界に先駆けてフルカラーデジタル印刷機「E-Print」を導入。海外雑誌用の広告製版に代わる仕事として、カラーカタログなどの販促ツールのデジタル印刷で競争力を強化してきた。そして2002年からは、顧客の販促活動そのものを企画・運営する事業を展開。大手広告代理店などに社員を出向させてノウハウを吸収しながら事業拡大を続けている。某流通大手企業のアイスクリームや冷凍食品のキャンペーンやイベント等を行い、現在も同事業の中心事業として続いているようだ。

 そして同社は創立25周年にあたる1998年、中期計画「複合メディア印刷業」を方針として打ち出した。それから現在まで、同社はクライアントの販促活動をあらゆる側面から支援するセールスプロモーションファクトリーとして、「印刷×プロモーション×WEB」を中心に事業活動を展開。2017年9月には販促ツールの制作を中心とする特設サイト「OPEN FACTORY」を開設し、Nyala LEDをはじめ、クライアントから依頼されるあらゆる販促ツールの制作に対応するための設備を拡充している。

 同サイトには開設から1年半で毎月約50件の問い合わせが入っているようで、狩野会長は「このうち25%は実際の受注につながっている。外務省からもOPEN FACTORYに問い合わせが入り、『G20』に使用する木製看板をNyala LEDで制作した。また、某有名ブランドショップのフロアシートも制作した。Nyala LEDは未知の可能性を秘めたプリンタであり、新規開拓に非常に向いているプリンタであると評価することができる」と様々なメディアに高品質かつ高速に出力できるNyala LEDに大きな期待を寄せている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP