キーワードで検索

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

軟包装用UVインクジェット「Jet Press 540WV」導入事例

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応

 (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧品、入浴剤などの製造を手がけるメーカー。親会社で、ホテルアメニティ専門商社である(株)マインが、顧客ニーズにきめ細かく応えられるよう、「メーカー機能を備えた商社」への転身を図るべく、1988年に設立された。商品(内容物)の製造だけでなく、パッケージの印刷、充填までの全工程を自社で完結できる一貫体制が大きな強みだ。
常務取締役 舟越 靖 氏
 ホテルアメニティの分野は、施設ごとのオリジナルデザインの別注品が多いため、もともと小ロット・多品種の傾向が強く、パッケージも、1,000〜2,000メートル程度のロットが珍しくないという。

 「小規模の施設ほど、アメニティやパッケージへのこだわりは強く、『オリジナルの商品で差別化を図りたい』という思いを持っている。しかし、ロットはどうしても小さくなってしまう。そこで当社は、グラビアに比べて小ロットに有利なフレキソ印刷機でパッケージの印刷を行ってきた」(舟越靖常務)

 ホテルアメニティのパッケージは1〜2色のものが多かったことから、同社が当初導入したフレキソ印刷機は、200ミリ幅の2色機であった。ただ、ロス率は少ないものの、色柄によっては追い刷りが必要になり、見当精度にも課題があったという。また、同社は短納期対応のために表刷りを基本としており、ヒートシールを行う場合はシールバーを避けてデザインしなければならないなどの制約があった。

 一方、色数が多く、高い耐薬品性も求められる化粧品パッケージなどは、協力会社のグラビア印刷機で印刷していたが、小ロットに対応しにくい点がネックになっていた。

 こうした中、最初に導入したフレキソ印刷機が置き換えの時期を迎えたこともあり、同社は3年ほど前から、新たな印刷設備としてデジタルプレスの検討を開始した。
印刷経験の浅いオペレーターでも運用でき、現場のスキルレス化にもつながっている

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

軟包装用UVインクジェット「Jet Press 540WV」導入事例

2019年4月26日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応

 (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧品、入浴剤などの製造を手がけるメーカー。親会社で、ホテルアメニティ専門商社である(株)マインが、顧客ニーズにきめ細かく応えられるよう、「メーカー機能を備えた商社」への転身を図るべく、1988年に設立された。商品(内容物)の製造だけでなく、パッケージの印刷、充填までの全工程を自社で完結できる一貫体制が大きな強みだ。
常務取締役 舟越 靖 氏
 ホテルアメニティの分野は、施設ごとのオリジナルデザインの別注品が多いため、もともと小ロット・多品種の傾向が強く、パッケージも、1,000〜2,000メートル程度のロットが珍しくないという。

 「小規模の施設ほど、アメニティやパッケージへのこだわりは強く、『オリジナルの商品で差別化を図りたい』という思いを持っている。しかし、ロットはどうしても小さくなってしまう。そこで当社は、グラビアに比べて小ロットに有利なフレキソ印刷機でパッケージの印刷を行ってきた」(舟越靖常務)

 ホテルアメニティのパッケージは1〜2色のものが多かったことから、同社が当初導入したフレキソ印刷機は、200ミリ幅の2色機であった。ただ、ロス率は少ないものの、色柄によっては追い刷りが必要になり、見当精度にも課題があったという。また、同社は短納期対応のために表刷りを基本としており、ヒートシールを行う場合はシールバーを避けてデザインしなければならないなどの制約があった。

 一方、色数が多く、高い耐薬品性も求められる化粧品パッケージなどは、協力会社のグラビア印刷機で印刷していたが、小ロットに対応しにくい点がネックになっていた。

 こうした中、最初に導入したフレキソ印刷機が置き換えの時期を迎えたこともあり、同社は3年ほど前から、新たな印刷設備としてデジタルプレスの検討を開始した。
印刷経験の浅いオペレーターでも運用でき、現場のスキルレス化にもつながっている

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP