キーワードで検索

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

軟包装用UVインクジェット「Jet Press 540WV」導入事例

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応

 (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧品、入浴剤などの製造を手がけるメーカー。親会社で、ホテルアメニティ専門商社である(株)マインが、顧客ニーズにきめ細かく応えられるよう、「メーカー機能を備えた商社」への転身を図るべく、1988年に設立された。商品(内容物)の製造だけでなく、パッケージの印刷、充填までの全工程を自社で完結できる一貫体制が大きな強みだ。
常務取締役 舟越 靖 氏
 ホテルアメニティの分野は、施設ごとのオリジナルデザインの別注品が多いため、もともと小ロット・多品種の傾向が強く、パッケージも、1,000〜2,000メートル程度のロットが珍しくないという。

 「小規模の施設ほど、アメニティやパッケージへのこだわりは強く、『オリジナルの商品で差別化を図りたい』という思いを持っている。しかし、ロットはどうしても小さくなってしまう。そこで当社は、グラビアに比べて小ロットに有利なフレキソ印刷機でパッケージの印刷を行ってきた」(舟越靖常務)

 ホテルアメニティのパッケージは1〜2色のものが多かったことから、同社が当初導入したフレキソ印刷機は、200ミリ幅の2色機であった。ただ、ロス率は少ないものの、色柄によっては追い刷りが必要になり、見当精度にも課題があったという。また、同社は短納期対応のために表刷りを基本としており、ヒートシールを行う場合はシールバーを避けてデザインしなければならないなどの制約があった。

 一方、色数が多く、高い耐薬品性も求められる化粧品パッケージなどは、協力会社のグラビア印刷機で印刷していたが、小ロットに対応しにくい点がネックになっていた。

 こうした中、最初に導入したフレキソ印刷機が置き換えの時期を迎えたこともあり、同社は3年ほど前から、新たな印刷設備としてデジタルプレスの検討を開始した。
印刷経験の浅いオペレーターでも運用でき、現場のスキルレス化にもつながっている

関連記事

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

最新ニュース

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

label_km_230_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、8月にデジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー開催

2019年7月9日

 コニカミノルタジャパン(株)は、8月8日・9日の2日間、コニカミノルタ東京サイト八王子の「Customer Engagement Center(CEC)」において紙器印刷会社、商業印...全文を読む

トッパン・フォームズ、OCCとDPS分野で業務提携

2019年7月4日

 トッパン・フォームズ(株)(坂田甲一社長)と(株)OCC(本社/沖縄県浦添市、天久進社長)は、企業や団体から顧客へ重要な情報を伝える通知物の製造・発送までを受託するデータ・プリント・...全文を読む

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

軟包装用UVインクジェット「Jet Press 540WV」導入事例

2019年4月26日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応

 (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧品、入浴剤などの製造を手がけるメーカー。親会社で、ホテルアメニティ専門商社である(株)マインが、顧客ニーズにきめ細かく応えられるよう、「メーカー機能を備えた商社」への転身を図るべく、1988年に設立された。商品(内容物)の製造だけでなく、パッケージの印刷、充填までの全工程を自社で完結できる一貫体制が大きな強みだ。
常務取締役 舟越 靖 氏
 ホテルアメニティの分野は、施設ごとのオリジナルデザインの別注品が多いため、もともと小ロット・多品種の傾向が強く、パッケージも、1,000〜2,000メートル程度のロットが珍しくないという。

 「小規模の施設ほど、アメニティやパッケージへのこだわりは強く、『オリジナルの商品で差別化を図りたい』という思いを持っている。しかし、ロットはどうしても小さくなってしまう。そこで当社は、グラビアに比べて小ロットに有利なフレキソ印刷機でパッケージの印刷を行ってきた」(舟越靖常務)

 ホテルアメニティのパッケージは1〜2色のものが多かったことから、同社が当初導入したフレキソ印刷機は、200ミリ幅の2色機であった。ただ、ロス率は少ないものの、色柄によっては追い刷りが必要になり、見当精度にも課題があったという。また、同社は短納期対応のために表刷りを基本としており、ヒートシールを行う場合はシールバーを避けてデザインしなければならないなどの制約があった。

 一方、色数が多く、高い耐薬品性も求められる化粧品パッケージなどは、協力会社のグラビア印刷機で印刷していたが、小ロットに対応しにくい点がネックになっていた。

 こうした中、最初に導入したフレキソ印刷機が置き換えの時期を迎えたこともあり、同社は3年ほど前から、新たな印刷設備としてデジタルプレスの検討を開始した。
印刷経験の浅いオペレーターでも運用でき、現場のスキルレス化にもつながっている

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP