キーワードで検索

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

UVインクジェットプリンターでレプリカ・伝統工芸品を製作〜現物に近い色再現性を評価

2019年6月7日ケーススタディ

幅広いメディア適正、色再現性の高さなどを評価して導入決定-「五感に訴える印刷が可能」

 印刷品質に妥協を許さない究極の印刷職人である松井会長が「美術作品や伝統工芸品のレプリカを再現するのに最適である」と判断し、今年7月の導入を決定したプリンター。それがswissQprint社のワイドフォーマットUVインクジェットプリンター「Oryx3」だ。

 同社ではこれまで、オフセット印刷機と水性インクジェットプリンターにより、小ロットの書画のレプリカや伝統工芸品などの製作を手掛けてきたが、今回、オフセット印刷機や水性インクジェットプリンターでは対応できないメディアへの出力、またオンデマンド生産による在庫レスなどを目的に、約1年間の比較検討を経て「Oryx3」の導入を決めたという。

 松井会長は機種選択のポイントについて「各社のスペック表を作成して比較検討したが、生産性などは僅差であった。しかし明度、彩度の良さや現物との色の近似性、めりはりや色合いなど、最もRGBに近い色を出すことができ、他メーカーのプリンターでは出せない色を出せたのがswissQprint社のプリンターであった」と説明しており、その色再現性の高さは"究極の印刷職人"を満足させていることからも間違いないと言えそうだ。また、同社では2×4mを1,000dpi以上(数十億画素)で撮れるデジタルアーカイブ用大型スキャナー所持しているが、UVプリンター事業部のスタッフは「Oryx3の導入により、高解像度の入力データを実際に紙などのメディアに出力できる最高の入出力機がコンビで揃うことになる」と話しており、Oryx3の導入は同社のデジタルアーカイブ事業における大きな転換期ともなりそうだ。

UVプリンター事業部のスタッフと一緒に松井会長(中央)

 また、「Oryx3」はインクジェット用の和紙ではなく、"人間国宝"が 漉いた手漉き和紙など様々なメディアへの出力が可能となっている。UVプリンター事業部のスタッフは「UVであるため色も沈まず、浮世絵などの作品も細かな色合いまで見事に再現することができる。また、凹凸の厚盛り部分も白インク以外のインクでも厚盛りできるため、断面までインクを乗せることができる。また現在、テストプリントした美術絵画の出力サンプルを紫外線に照射して実験しているのだが、絵画が劣化することもない。ブランドは信用第一であるため、耐久性は非常に重要」と様々なメリットについて説明する。

 また、松井会長は「swissQprint社のプリンターは、五感に訴える印刷が可能」とも表現しており、今年7月の導入を心待ちにしている様子だ。

関連記事

新着トピックス

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2019年4月23日製品・テクノロジー

高速・高性能・作業性を追求  日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、「世界中のラミネーターのノウハウをお届けします」を合言葉に、ロール式ラミネ...全文を読む

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

UVインクジェットプリンターでレプリカ・伝統工芸品を製作〜現物に近い色再現性を評価

2019年6月7日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

幅広いメディア適正、色再現性の高さなどを評価して導入決定-「五感に訴える印刷が可能」

 印刷品質に妥協を許さない究極の印刷職人である松井会長が「美術作品や伝統工芸品のレプリカを再現するのに最適である」と判断し、今年7月の導入を決定したプリンター。それがswissQprint社のワイドフォーマットUVインクジェットプリンター「Oryx3」だ。

 同社ではこれまで、オフセット印刷機と水性インクジェットプリンターにより、小ロットの書画のレプリカや伝統工芸品などの製作を手掛けてきたが、今回、オフセット印刷機や水性インクジェットプリンターでは対応できないメディアへの出力、またオンデマンド生産による在庫レスなどを目的に、約1年間の比較検討を経て「Oryx3」の導入を決めたという。

 松井会長は機種選択のポイントについて「各社のスペック表を作成して比較検討したが、生産性などは僅差であった。しかし明度、彩度の良さや現物との色の近似性、めりはりや色合いなど、最もRGBに近い色を出すことができ、他メーカーのプリンターでは出せない色を出せたのがswissQprint社のプリンターであった」と説明しており、その色再現性の高さは"究極の印刷職人"を満足させていることからも間違いないと言えそうだ。また、同社では2×4mを1,000dpi以上(数十億画素)で撮れるデジタルアーカイブ用大型スキャナー所持しているが、UVプリンター事業部のスタッフは「Oryx3の導入により、高解像度の入力データを実際に紙などのメディアに出力できる最高の入出力機がコンビで揃うことになる」と話しており、Oryx3の導入は同社のデジタルアーカイブ事業における大きな転換期ともなりそうだ。

UVプリンター事業部のスタッフと一緒に松井会長(中央)

 また、「Oryx3」はインクジェット用の和紙ではなく、"人間国宝"が 漉いた手漉き和紙など様々なメディアへの出力が可能となっている。UVプリンター事業部のスタッフは「UVであるため色も沈まず、浮世絵などの作品も細かな色合いまで見事に再現することができる。また、凹凸の厚盛り部分も白インク以外のインクでも厚盛りできるため、断面までインクを乗せることができる。また現在、テストプリントした美術絵画の出力サンプルを紫外線に照射して実験しているのだが、絵画が劣化することもない。ブランドは信用第一であるため、耐久性は非常に重要」と様々なメリットについて説明する。

 また、松井会長は「swissQprint社のプリンターは、五感に訴える印刷が可能」とも表現しており、今年7月の導入を心待ちにしている様子だ。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP