キーワードで検索

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そんな同社のレーザー加工機の中で、紙の微細加工を一手に担っているのがコムネット(株)の販売するイタリア・SEI社の「FLEXI800」だ。約4年前の発売と同時に国内1号機として導入し、新しい千代紙「千代切紙」など、高精度と高生産性が求められる商品の加工に威力を発揮している。

国内1号機で導入した「FLEXI800」の前で馬場社長

超微細なデザイン、大ロットの仕事にも自信を持って対応

 同社は元々、伝票やチケット関係の加工を得意としていた企業。2009年2月に「『型』ではできない、より微細な抜き加工に挑戦したい」という思いから、従来の加工はグループ企業に委託し、レーザー加工専門として現在地に工場を竣工した。現在、印刷・関連業界からはポスターやカタログの表紙、グリーティングカード、パッケージなどの受注が中心となっているが、グループ企業の文具メーカー・バックストリートファクトリーが提供する、和柄の超微細なデザインをレーザー加工する「千代切紙」は世間でも話題となり、2017年には全国ネットの日本テレビ「ぶらり途中下車の旅 町屋駅 和柄の折り紙 ロッカ」として放映された。

 レーザー加工を開始した当初はプロッター式の汎用機でスタートしたが、生産性やコストの問題から、「FLEXI800」を導入する以前にもA4サイズの他社メーカー製のガルバノ式レーザー加工機を使用していたという。そのレーザー加工機も当時はかなり活躍したようだが「さらに大きなサイズのレーザー加工の受注もあったため『FLEXI600』を設備する協力工場に外注していたのだが、内製化できる見込みができてきたため、コムネットに自社でも導入したいと相談したところ、さらに大きなサイズに対応可能で、レーザーヘッドもFLEXI600よりワンランク上の『FLEXI800』が発売間近であることを聞き、発売と同時に国内1号機として導入した」と馬場社長は導入の理由について振り返る。

関連記事

新着トピックス

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

u-post_truepressjet520hd+_dp_tn.jpg

ユニバーサルポスト、SCREEN製連帳高速インクジェットで「統合メディア業」加速

2019年10月10日企業・経営

 (株)ユニバーサルポスト(本社/広島市西区商工センター、喜瀬清社長)はこのほど、SCREEN製フルカラーバリアブルプリンティングシステム「Truepress Jet520HD+」を導...全文を読む

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そんな同社のレーザー加工機の中で、紙の微細加工を一手に担っているのがコムネット(株)の販売するイタリア・SEI社の「FLEXI800」だ。約4年前の発売と同時に国内1号機として導入し、新しい千代紙「千代切紙」など、高精度と高生産性が求められる商品の加工に威力を発揮している。

国内1号機で導入した「FLEXI800」の前で馬場社長

超微細なデザイン、大ロットの仕事にも自信を持って対応

 同社は元々、伝票やチケット関係の加工を得意としていた企業。2009年2月に「『型』ではできない、より微細な抜き加工に挑戦したい」という思いから、従来の加工はグループ企業に委託し、レーザー加工専門として現在地に工場を竣工した。現在、印刷・関連業界からはポスターやカタログの表紙、グリーティングカード、パッケージなどの受注が中心となっているが、グループ企業の文具メーカー・バックストリートファクトリーが提供する、和柄の超微細なデザインをレーザー加工する「千代切紙」は世間でも話題となり、2017年には全国ネットの日本テレビ「ぶらり途中下車の旅 町屋駅 和柄の折り紙 ロッカ」として放映された。

 レーザー加工を開始した当初はプロッター式の汎用機でスタートしたが、生産性やコストの問題から、「FLEXI800」を導入する以前にもA4サイズの他社メーカー製のガルバノ式レーザー加工機を使用していたという。そのレーザー加工機も当時はかなり活躍したようだが「さらに大きなサイズのレーザー加工の受注もあったため『FLEXI600』を設備する協力工場に外注していたのだが、内製化できる見込みができてきたため、コムネットに自社でも導入したいと相談したところ、さらに大きなサイズに対応可能で、レーザーヘッドもFLEXI600よりワンランク上の『FLEXI800』が発売間近であることを聞き、発売と同時に国内1号機として導入した」と馬場社長は導入の理由について振り返る。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP