キーワードで検索

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そんな同社のレーザー加工機の中で、紙の微細加工を一手に担っているのがコムネット(株)の販売するイタリア・SEI社の「FLEXI800」だ。約4年前の発売と同時に国内1号機として導入し、新しい千代紙「千代切紙」など、高精度と高生産性が求められる商品の加工に威力を発揮している。

国内1号機で導入した「FLEXI800」の前で馬場社長

超微細なデザイン、大ロットの仕事にも自信を持って対応

 同社は元々、伝票やチケット関係の加工を得意としていた企業。2009年2月に「『型』ではできない、より微細な抜き加工に挑戦したい」という思いから、従来の加工はグループ企業に委託し、レーザー加工専門として現在地に工場を竣工した。現在、印刷・関連業界からはポスターやカタログの表紙、グリーティングカード、パッケージなどの受注が中心となっているが、グループ企業の文具メーカー・バックストリートファクトリーが提供する、和柄の超微細なデザインをレーザー加工する「千代切紙」は世間でも話題となり、2017年には全国ネットの日本テレビ「ぶらり途中下車の旅 町屋駅 和柄の折り紙 ロッカ」として放映された。

 レーザー加工を開始した当初はプロッター式の汎用機でスタートしたが、生産性やコストの問題から、「FLEXI800」を導入する以前にもA4サイズの他社メーカー製のガルバノ式レーザー加工機を使用していたという。そのレーザー加工機も当時はかなり活躍したようだが「さらに大きなサイズのレーザー加工の受注もあったため『FLEXI600』を設備する協力工場に外注していたのだが、内製化できる見込みができてきたため、コムネットに自社でも導入したいと相談したところ、さらに大きなサイズに対応可能で、レーザーヘッドもFLEXI600よりワンランク上の『FLEXI800』が発売間近であることを聞き、発売と同時に国内1号機として導入した」と馬場社長は導入の理由について振り返る。

関連記事

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そんな同社のレーザー加工機の中で、紙の微細加工を一手に担っているのがコムネット(株)の販売するイタリア・SEI社の「FLEXI800」だ。約4年前の発売と同時に国内1号機として導入し、新しい千代紙「千代切紙」など、高精度と高生産性が求められる商品の加工に威力を発揮している。

国内1号機で導入した「FLEXI800」の前で馬場社長

超微細なデザイン、大ロットの仕事にも自信を持って対応

 同社は元々、伝票やチケット関係の加工を得意としていた企業。2009年2月に「『型』ではできない、より微細な抜き加工に挑戦したい」という思いから、従来の加工はグループ企業に委託し、レーザー加工専門として現在地に工場を竣工した。現在、印刷・関連業界からはポスターやカタログの表紙、グリーティングカード、パッケージなどの受注が中心となっているが、グループ企業の文具メーカー・バックストリートファクトリーが提供する、和柄の超微細なデザインをレーザー加工する「千代切紙」は世間でも話題となり、2017年には全国ネットの日本テレビ「ぶらり途中下車の旅 町屋駅 和柄の折り紙 ロッカ」として放映された。

 レーザー加工を開始した当初はプロッター式の汎用機でスタートしたが、生産性やコストの問題から、「FLEXI800」を導入する以前にもA4サイズの他社メーカー製のガルバノ式レーザー加工機を使用していたという。そのレーザー加工機も当時はかなり活躍したようだが「さらに大きなサイズのレーザー加工の受注もあったため『FLEXI600』を設備する協力工場に外注していたのだが、内製化できる見込みができてきたため、コムネットに自社でも導入したいと相談したところ、さらに大きなサイズに対応可能で、レーザーヘッドもFLEXI600よりワンランク上の『FLEXI800』が発売間近であることを聞き、発売と同時に国内1号機として導入した」と馬場社長は導入の理由について振り返る。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP