キーワードで検索

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dインクジェットプリンタで新サービス

「それなり〜の アバターフィギュア」〜超低価格と短納期を実現|福永 進 新社長に聞く

2019年10月3日ケーススタディ

 「挑戦に次ぐ挑戦」を合言葉に未開拓市場の開拓を進める(株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区)は今年9月から、フルカラー3DIJプリンタによる新サービス「それなり〜の アバターフィギュア」を開始した。VTuberや3Dアバターなどの3Dデータを入稿すれば、1万円以下の超低価格かつ短納期でアバターフィギュアを現実のものにできる。今年9月から同社の新社長に就任した福永進氏は「2Dプリンタの市場がレッドオーシャンとなる中、未来が見える3Dプリンタで生き残りを図りたい」としており、3Dプリンタによりあらゆる業界の潜在需要を掘り起こすべく、失敗を恐れることなく様々な取り組みにチャレンジしている。
数々の試作サンプルを前に福永社長
 同社はオフセット印刷以外の事業を専門とする企業として2007年に設立。螢印刷グループである同社は、印刷会社として培ってきた「色合わせ」の技術を強みとしており、UVインクジェットプリンタとレーザー加工機により、美術館や博物館で販売されるグッズ、アニメグッズやキャラクター関係など、現物の色に合わせることが求められる商品を中心に制作を行っている。

 そして、これらの中でも昨今とくに人気を博しているのが「珪藻土コースター」だ。

 「珪藻土コースターは世の中のトレンドとしても昨今ブームとなっており、この数ヵ月では受注は倍々になっている。当社の珪藻土コースターは海外製の安価なものではなく、岐阜県の美濃焼きで制作した純国産となっており、高級品質で吸水性も世界トップクラスの企業とタイアップしている。また、大手陶器メーカーやキャラクターメーカーとコラボして大量生産の仕事を中心に2Dプリンタによる出力を行っている」(福永社長)

 しかし、このような仕事は現在、ほんの一部であるようで、「2Dプリンタの市場はすでにレッドオーシャンとなっており、価格競争も厳しい。今後は3Dプリンタを活用し、新しい市場を開拓していきたい」(福永社長)との考えを示す。そして同社が今回、1,000万色以上のフルカラー造形を実現するインクジェット方式の3Dプリンタ「3DUJ-553」を活用した取り組みとして開始したサービスが「それなり〜の アバターフィギュア」だ。

関連記事

新着トピックス

K-SOLUTION、海外インクジェット関連部品を提供〜新製品開発の期間を短縮

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)K-SOLUTION(本社/東京都府中市、勝田康社長)は、新製品の開発目的に応じて海外製のインクジェット関連部品を国内メーカーに提案し、インクジェット印刷機の機能性向上と新製品...全文を読む

swissQprint 、ロールtoロールプリンタ「Karibu」国内初公開

2019年10月1日製品・テクノロジー

  swissQprint Japan(株)(本社/横浜市港北区、大野透社長)は、第61回サイン&ディスプレイショウ2019において、swissQprint製品初となるロールtoロール...全文を読む

最新ニュース

キーポイントインテリジェンス、11月21日にデジタル印刷コンファレンス

2019年10月9日

 (株)キーポイントインテリジェンスは、プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2019を11月21日に東京コンファレンスセンター・品川において開催する。  今後、プロダク...全文を読む

dp_tsf2019_semina_tn.jpg

THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO、会期中に行われるセミナーの登録受付開始

2019年10月4日

 TSF2019実⾏委員会は、11⽉11⽇から13⽇までの3日間、京都の「みやこめっせ」において開催する「THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO」の会期中に開...全文を読む

dp_ij_rd_tn.jpg

セイコーエプソン、PrecisionCoreプリントヘッド搭載の「R&D用インクジェット装置」開発

2019年10月3日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほどPrecisionCoreプリントヘッドを搭載した「R&D用インクジェット装置」を開発した。同製品は、インクジェット技術の応用に関する...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dインクジェットプリンタで新サービス

「それなり〜の アバターフィギュア」〜超低価格と短納期を実現|福永 進 新社長に聞く

2019年10月3日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 「挑戦に次ぐ挑戦」を合言葉に未開拓市場の開拓を進める(株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区)は今年9月から、フルカラー3DIJプリンタによる新サービス「それなり〜の アバターフィギュア」を開始した。VTuberや3Dアバターなどの3Dデータを入稿すれば、1万円以下の超低価格かつ短納期でアバターフィギュアを現実のものにできる。今年9月から同社の新社長に就任した福永進氏は「2Dプリンタの市場がレッドオーシャンとなる中、未来が見える3Dプリンタで生き残りを図りたい」としており、3Dプリンタによりあらゆる業界の潜在需要を掘り起こすべく、失敗を恐れることなく様々な取り組みにチャレンジしている。
数々の試作サンプルを前に福永社長
 同社はオフセット印刷以外の事業を専門とする企業として2007年に設立。螢印刷グループである同社は、印刷会社として培ってきた「色合わせ」の技術を強みとしており、UVインクジェットプリンタとレーザー加工機により、美術館や博物館で販売されるグッズ、アニメグッズやキャラクター関係など、現物の色に合わせることが求められる商品を中心に制作を行っている。

 そして、これらの中でも昨今とくに人気を博しているのが「珪藻土コースター」だ。

 「珪藻土コースターは世の中のトレンドとしても昨今ブームとなっており、この数ヵ月では受注は倍々になっている。当社の珪藻土コースターは海外製の安価なものではなく、岐阜県の美濃焼きで制作した純国産となっており、高級品質で吸水性も世界トップクラスの企業とタイアップしている。また、大手陶器メーカーやキャラクターメーカーとコラボして大量生産の仕事を中心に2Dプリンタによる出力を行っている」(福永社長)

 しかし、このような仕事は現在、ほんの一部であるようで、「2Dプリンタの市場はすでにレッドオーシャンとなっており、価格競争も厳しい。今後は3Dプリンタを活用し、新しい市場を開拓していきたい」(福永社長)との考えを示す。そして同社が今回、1,000万色以上のフルカラー造形を実現するインクジェット方式の3Dプリンタ「3DUJ-553」を活用した取り組みとして開始したサービスが「それなり〜の アバターフィギュア」だ。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP