キーワードで検索

カラードルック・バイヤースブロン社、プライムファイア106のフィールドテストが成功裏に終了

パッケージ印刷分野で新たなデジタルビジネスモデルを開拓

2020年3月6日ケーススタディ

 ヨーロッパ各地に拠点を有するカラードルック・バイヤースブロン社は、非常に高い品質基準を持つオールラウンダーのパッケージングサービスプロバイダー。同社は早くから、デジタル印刷での新たなビジネスモデルの開拓に着手しており、食品、菓子、飲食、薬品、化粧品、非食品分野の産業や小売業向けに製品を生産している。その同社は、数々のプロジェクトにおいてハイデルベルグとコラボレーションすることで、長年に渡るパートナーシップを築いており、プライムファイア106でカスタマイズドデジタルパッケージング印刷のフィールドテストをする最初の企業となった。ほぼすべての基準を満たし、プライムファイア106を同社のウェブ・トゥ・パックポータルに完全に取り入れることで、昨年末フィールドテストを成功裏に終了している。
フィールドテストに取り組んだ両社の共同チーム
 「デジタルビジネスモデルが継続的に開発されることによって工程がさらに自動化され、未来に適したものになった。プライムファイア106をワークフローに接続する際には、ハイデルベルグは私たちのパートナーとして大きなサポートをしてくれた。多くの要求を持つ私たちの顧客にデジタルパッケージ印刷の新たなビジネスアイデアを提供するために、私たち自身のデジタル印刷機への要求も非常に高いものであった。ハイデルベルグのチームと協力し、最終的にはそれらの要求を満たすことができ、テストの結果にも非常に満足している」と、カラードルック・バイヤースブロン社取締役マーティン・ブルッテル氏は、テストの初期段階を振り返る。

生産を中断しないバリアブルデータ印刷


 カラードルック・バイヤースブロン社は、3年前に「パッケージングデジタル」部門を設立し、「designyourpackaging.de」という同社のオンラインショップで、革新的なパッケージを1ロットから顧客に提供している。プライムファイア106で新たなビジネスモデルを開拓する上での非常に難しいテーマは、マスカスタマイゼーションの前提となるバリアブルデータ印刷(VDP)であったという。
顧客はウェブ・トゥ・パックポータルでオリジナルパッケージを制作することができる
 「カラードルック・バイヤースブロン社とハイデルベルグは、非常に多くのノウハウと時間をこのテーマに費やしてVDPを開発した。現在、プライムファイアはカラードルック・バイヤースブロン社で、カスタマイズされた印刷シートを高品質かつ連続して無限に生産できる状態にある」と、パッケージングデジタル部門を率いるトム・シュトレーフケルク氏は述べている。

 プライムファイアは、段階的に既存の生産ワークフローに統合されていき、同社が導入しているソフトウェアとの接続は、プリネクトデジタルフロントエンド(DFE)を介して実施された。

関連記事

新着トピックス

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプ...全文を読む

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

カラードルック・バイヤースブロン社、プライムファイア106のフィールドテストが成功裏に終了

パッケージ印刷分野で新たなデジタルビジネスモデルを開拓

2020年3月6日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ヨーロッパ各地に拠点を有するカラードルック・バイヤースブロン社は、非常に高い品質基準を持つオールラウンダーのパッケージングサービスプロバイダー。同社は早くから、デジタル印刷での新たなビジネスモデルの開拓に着手しており、食品、菓子、飲食、薬品、化粧品、非食品分野の産業や小売業向けに製品を生産している。その同社は、数々のプロジェクトにおいてハイデルベルグとコラボレーションすることで、長年に渡るパートナーシップを築いており、プライムファイア106でカスタマイズドデジタルパッケージング印刷のフィールドテストをする最初の企業となった。ほぼすべての基準を満たし、プライムファイア106を同社のウェブ・トゥ・パックポータルに完全に取り入れることで、昨年末フィールドテストを成功裏に終了している。
フィールドテストに取り組んだ両社の共同チーム
 「デジタルビジネスモデルが継続的に開発されることによって工程がさらに自動化され、未来に適したものになった。プライムファイア106をワークフローに接続する際には、ハイデルベルグは私たちのパートナーとして大きなサポートをしてくれた。多くの要求を持つ私たちの顧客にデジタルパッケージ印刷の新たなビジネスアイデアを提供するために、私たち自身のデジタル印刷機への要求も非常に高いものであった。ハイデルベルグのチームと協力し、最終的にはそれらの要求を満たすことができ、テストの結果にも非常に満足している」と、カラードルック・バイヤースブロン社取締役マーティン・ブルッテル氏は、テストの初期段階を振り返る。

生産を中断しないバリアブルデータ印刷


 カラードルック・バイヤースブロン社は、3年前に「パッケージングデジタル」部門を設立し、「designyourpackaging.de」という同社のオンラインショップで、革新的なパッケージを1ロットから顧客に提供している。プライムファイア106で新たなビジネスモデルを開拓する上での非常に難しいテーマは、マスカスタマイゼーションの前提となるバリアブルデータ印刷(VDP)であったという。
顧客はウェブ・トゥ・パックポータルでオリジナルパッケージを制作することができる
 「カラードルック・バイヤースブロン社とハイデルベルグは、非常に多くのノウハウと時間をこのテーマに費やしてVDPを開発した。現在、プライムファイアはカラードルック・バイヤースブロン社で、カスタマイズされた印刷シートを高品質かつ連続して無限に生産できる状態にある」と、パッケージングデジタル部門を率いるトム・シュトレーフケルク氏は述べている。

 プライムファイアは、段階的に既存の生産ワークフローに統合されていき、同社が導入しているソフトウェアとの接続は、プリネクトデジタルフロントエンド(DFE)を介して実施された。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP