キーワードで検索

今井印刷、写真集のバリエーション展開など独自の企画提案可能に

[Jet Press 720S導入事例]新しいことにチャレンジする機運が高まり、社内変革に

2020年3月6日ケーススタディ

 山陰地区の老舗書店グループとして知られる今井書店グループの(株)今井印刷(本社/鳥取県米子市富益町8、永見真一社長)は、インクジェットデジタルプレス「Jet Press 720S」を活用し、高画質・小ロット対応を武器とした企画提案型ビジネスを展開し注目を集めている。「従来の受注型ビジネスからの脱却」を目指す中で、同社はJet Pressをどのように活かしているのか。また、その取り組みは社内にどんな変化をもたらしているのか。常務取締役の古磯宏樹氏、プレス係 係長の脇坂努氏に話を聞いた。

古磯常務(左)と脇坂係長.jpg

企画・デザイン力を活かす武器として導入を決断

 今井書店グループは、1872(明治5)年の創業以来148年の歴史を持つ、山陰地区最大の書店グループ。今井書店の前身である今井郁文堂の活版印刷所として1884年に創業し、1999年に今井書店から分社化した。書籍などの出版物はもちろん、チラシやパンフレット、ポスターなどの商業印刷物も幅広く手がけている。2018年には、書籍のほか手帳やカレンダーなど、鳥取にまつわるオリジナルグッズを販売する通販サイト「イマコレ!」を立ち上げ、商圏拡大を図っている。

 そんな同社がJet Pressを導入した背景には、近年力を入れている企画・デザインの機能を活かしながら、時代に合った提案型ビジネスを展開していくという戦略がある。

 「私がこの会社に入ったのは13年前になるが、まず受注産業のスタイルを壊すことが必要だと感じた。つまり、自分たちで企画を考え、仕事をつくっていくということ。最近は企業も行政機関もコスト意識が高まり、情報発信の方法が変わってきている。印刷物は小ロット多品種の方向にシフトしている。その中で生き残っていくためには、印刷と企画・デザインの両方で勝負できるようにならなければならない。そんなビジネススタイルを実現するためのツールとして、Jet Pressの導入を決めた」(古磯常務)

Jet Press 720S

 同社が手がける仕事は、チラシをはじめとする商業印刷物が大きな柱になっているが、小ロット化の流れは加速する一方で、全体のボリュームも減少傾向にある。こうした状況から、従来のオフセット印刷のみで受け身のスタイルを続けていては、会社の成長は見込めないという危機感が、古磯常務にはあった。

 企画・デザインの力を活かす新しい武器として着目した「Jet Press 720S」。同社がとくに注目したのは再現性の高さだ。

 「写真のRGBデータをストレートに出力でき、しかも原画に忠実な色で再現できる。これには驚いた。クリエイターにとっても理想の世界ではないか。このJet Pressと企画・デザイン力があれば、どんなお客様にもアプローチできると確信した」(古磯常務)

 デジタルならではの機動力と、ずば抜けた再現性に、ビジネス拡大の可能性を感じたことが、同社のJet Press導入の決め手になった。

関連記事

新着トピックス

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプ...全文を読む

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

今井印刷、写真集のバリエーション展開など独自の企画提案可能に

[Jet Press 720S導入事例]新しいことにチャレンジする機運が高まり、社内変革に

2020年3月6日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 山陰地区の老舗書店グループとして知られる今井書店グループの(株)今井印刷(本社/鳥取県米子市富益町8、永見真一社長)は、インクジェットデジタルプレス「Jet Press 720S」を活用し、高画質・小ロット対応を武器とした企画提案型ビジネスを展開し注目を集めている。「従来の受注型ビジネスからの脱却」を目指す中で、同社はJet Pressをどのように活かしているのか。また、その取り組みは社内にどんな変化をもたらしているのか。常務取締役の古磯宏樹氏、プレス係 係長の脇坂努氏に話を聞いた。

古磯常務(左)と脇坂係長.jpg

企画・デザイン力を活かす武器として導入を決断

 今井書店グループは、1872(明治5)年の創業以来148年の歴史を持つ、山陰地区最大の書店グループ。今井書店の前身である今井郁文堂の活版印刷所として1884年に創業し、1999年に今井書店から分社化した。書籍などの出版物はもちろん、チラシやパンフレット、ポスターなどの商業印刷物も幅広く手がけている。2018年には、書籍のほか手帳やカレンダーなど、鳥取にまつわるオリジナルグッズを販売する通販サイト「イマコレ!」を立ち上げ、商圏拡大を図っている。

 そんな同社がJet Pressを導入した背景には、近年力を入れている企画・デザインの機能を活かしながら、時代に合った提案型ビジネスを展開していくという戦略がある。

 「私がこの会社に入ったのは13年前になるが、まず受注産業のスタイルを壊すことが必要だと感じた。つまり、自分たちで企画を考え、仕事をつくっていくということ。最近は企業も行政機関もコスト意識が高まり、情報発信の方法が変わってきている。印刷物は小ロット多品種の方向にシフトしている。その中で生き残っていくためには、印刷と企画・デザインの両方で勝負できるようにならなければならない。そんなビジネススタイルを実現するためのツールとして、Jet Pressの導入を決めた」(古磯常務)

Jet Press 720S

 同社が手がける仕事は、チラシをはじめとする商業印刷物が大きな柱になっているが、小ロット化の流れは加速する一方で、全体のボリュームも減少傾向にある。こうした状況から、従来のオフセット印刷のみで受け身のスタイルを続けていては、会社の成長は見込めないという危機感が、古磯常務にはあった。

 企画・デザインの力を活かす新しい武器として着目した「Jet Press 720S」。同社がとくに注目したのは再現性の高さだ。

 「写真のRGBデータをストレートに出力でき、しかも原画に忠実な色で再現できる。これには驚いた。クリエイターにとっても理想の世界ではないか。このJet Pressと企画・デザイン力があれば、どんなお客様にもアプローチできると確信した」(古磯常務)

 デジタルならではの機動力と、ずば抜けた再現性に、ビジネス拡大の可能性を感じたことが、同社のJet Press導入の決め手になった。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP