キーワードで検索

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプラットフォーマーとして力を強化する同社は、その実現に向け「PaaS(プリンティング・アズ・ア・サービス)」を提唱。印刷物というモノを商売にするビジネスモデルではないが、「プリントサービスを提供するプラットフォーマーとして顧客に接続していただいても、そのニーズに対応できなければ意味がない。そのための最低限の準備は必要」と大洞専務。同社が保有するデジタル印刷機「Indigo」で実現できる技術トレンドにも積極的に取り組みながら、デジタル印刷技術と対応領域を拡大させている。

Indigo7600の前で大洞専務

 「大洞印刷、営業やめます」。2015年4月、同社はこのように宣言。その大胆な発言に驚いた業界関係者も多いのではないだろうか。印刷もできるIT企業としてデジタルと紙媒体を融合させた積極的な営業展開を図る同社では、旧来型の、いわゆる受注体質の「御用聞き営業」からは業界に先駆け脱却しているが、印刷会社が外回り営業という職種を完全に廃止するには、相当な経営戦略が必要だったはずだ。

 同社はこれまでも、とくに展示会などでは営業部とマーケティング部が一体となって販促支援のアピールなどを行ってきたが、新しいものを創り出すことに専念するため、このほど営業部とマーケティング部を一体化させたスマーケティング(セールス&マーケティング)部を発足した。同社にはこのほか、顧客サポートを専門とするカスタマーサポートの部門も設けているため「新しい案件を生み出す環境を創るところまでがスマーケティング部の役割。その環境ができた時点でその案件はカスタマーサポートに移行する」と大洞専務。例えるなら、自動販売機を置くまでがスマーケティング部の役割となっているとのことだ。

 カスタマーサポートでリピート仕事はもちろん、新たな案件の見積りからデータのやりとりなどのフォローアップを行うことにより、スマーケティング部は「新たな案件を生み出す」ことに専念できるほか、見積りのタイムラグなど、無駄な時間を省くことができるため、案件の発生から納品までの全体の納期を大幅に短縮することができ、顧客にとっても新たな案件にかける時間を大幅に削減することができる。

スマーケティング部、カスタマーサポート部のスタッフなどが勤務するフロア

 「印刷や製本などの製造工程だけが短納期に対応していても、案件の発生から実際の製造に入るまでに時間を費やしていては意味がない」(大洞専務)

 そして、実際の製造段階で活躍するのが「Indigo30000」、「Indigo7600」、「Indigo7900」の3台のデジタル印刷機だ。同社では、印刷を使用したサービスを提供することにより、結果的に印刷物に派生するという流れがほとんどであるため、これまでも「印刷物の製造」を前提とした提案は行ってこなかったが、「このご時世、新しい案件にはかならず何らかの形でインターネットやITなどが関わってくる」(大洞専務)としており、そして、それを印刷物という形にするとき、ほとんどはデジタル印刷機で行っているという。

関連記事

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 コダック社は、6月16日に開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、優れた投資対効果(ROI)の達成をめざした新しいデジタル印刷ソリューションを発表。とくに、インクジェットプレ...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプラットフォーマーとして力を強化する同社は、その実現に向け「PaaS(プリンティング・アズ・ア・サービス)」を提唱。印刷物というモノを商売にするビジネスモデルではないが、「プリントサービスを提供するプラットフォーマーとして顧客に接続していただいても、そのニーズに対応できなければ意味がない。そのための最低限の準備は必要」と大洞専務。同社が保有するデジタル印刷機「Indigo」で実現できる技術トレンドにも積極的に取り組みながら、デジタル印刷技術と対応領域を拡大させている。

Indigo7600の前で大洞専務

 「大洞印刷、営業やめます」。2015年4月、同社はこのように宣言。その大胆な発言に驚いた業界関係者も多いのではないだろうか。印刷もできるIT企業としてデジタルと紙媒体を融合させた積極的な営業展開を図る同社では、旧来型の、いわゆる受注体質の「御用聞き営業」からは業界に先駆け脱却しているが、印刷会社が外回り営業という職種を完全に廃止するには、相当な経営戦略が必要だったはずだ。

 同社はこれまでも、とくに展示会などでは営業部とマーケティング部が一体となって販促支援のアピールなどを行ってきたが、新しいものを創り出すことに専念するため、このほど営業部とマーケティング部を一体化させたスマーケティング(セールス&マーケティング)部を発足した。同社にはこのほか、顧客サポートを専門とするカスタマーサポートの部門も設けているため「新しい案件を生み出す環境を創るところまでがスマーケティング部の役割。その環境ができた時点でその案件はカスタマーサポートに移行する」と大洞専務。例えるなら、自動販売機を置くまでがスマーケティング部の役割となっているとのことだ。

 カスタマーサポートでリピート仕事はもちろん、新たな案件の見積りからデータのやりとりなどのフォローアップを行うことにより、スマーケティング部は「新たな案件を生み出す」ことに専念できるほか、見積りのタイムラグなど、無駄な時間を省くことができるため、案件の発生から納品までの全体の納期を大幅に短縮することができ、顧客にとっても新たな案件にかける時間を大幅に削減することができる。

スマーケティング部、カスタマーサポート部のスタッフなどが勤務するフロア

 「印刷や製本などの製造工程だけが短納期に対応していても、案件の発生から実際の製造に入るまでに時間を費やしていては意味がない」(大洞専務)

 そして、実際の製造段階で活躍するのが「Indigo30000」、「Indigo7600」、「Indigo7900」の3台のデジタル印刷機だ。同社では、印刷を使用したサービスを提供することにより、結果的に印刷物に派生するという流れがほとんどであるため、これまでも「印刷物の製造」を前提とした提案は行ってこなかったが、「このご時世、新しい案件にはかならず何らかの形でインターネットやITなどが関わってくる」(大洞専務)としており、そして、それを印刷物という形にするとき、ほとんどはデジタル印刷機で行っているという。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP