キーワードで検索

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

プライムファイア、ハコプレ紙袋が牽引〜2-3月は前年比147%

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プライムファイア106の導入と、通販サービス『ハコプレ紙袋』が売上を牽引している」としており、今年2月-3月の売上は前年比147%になっているという。同社は2020年、さらに新たな通販サービスを発表する予定で、デジタル印刷で売上20億円という目標が手に届くところにまで迫っている。

 デジタル印刷で柱を立てる--。これは、同社が関東工場にデジタル印刷機「iGen4」を導入し、小ロットパッケージ通販サービス「ハコプレ」を立ち上げ、通販サービスの市場に名乗りを上げた2013年4月から掲げてきた目標である。同社では、デジタル印刷を印刷紙器や段ボールなどトータルにパッケージを手掛ける企業としての柱、タイにも工場を持つグローバル企業としての柱に次ぐ3本目の柱に成長させるべく、通販サービスの展開と合わせ、デジタル印刷設備の強化も進めてきた。

 通販サービスの展開としては、この7年間で「ハコプレ」に続いてBtoC向け極小ロットパッケージ「世界にひとつの箱」、小売店や飲食店にメニューやポスター・POPなどを提供する「ポップレ」、紙袋専門の小ロット・超短納期・超低価格サービス「ハコプレ紙袋」、極小ロットのパッケージを対象にした「サンプルパッケージ.com」などを開設し、小ロット印刷物の大量受注によりデジタル印刷による売上を年々拡大してきた。

そしてこの間、2015年1月に2台目のデジタル印刷機となる「Versant2100Press」を導入。続いて同年9月にはB2サイズ・厚紙対応「JetPress720S」を導入し、さらに2018年5月には「Iridesse Production Press」を導入するなど、通販サービスによる新市場開拓と売上拡大に合わせ、デジタル印刷事業を設備面でも加速させてきた。そして2019年11月には、国内1号機のB1デジタル印刷機「プライムファイア106」を導入し、本稼働を開始した。

Primefire106の前で鍛治川常務

 プライムファイア106は、750×1,060mmのオフセット菊全以上の用紙を1時間あたり2500枚通紙可能であることに加えて、通常のCMYKにオレンジ、グリーン、バイオレットの3色を加えた7色のインクジェットユニットに各色25個のインクジェットヘッドを搭載し、パントンカラーの95%の色域をカバーすることができる。また、1枚あたりの用紙に120億のインクドロップを照射することにより、高い次元で色の安定性を実現する。

 同社は現在、「プライムファイア106」を業界全体で活用していくことを目的に、WEB入稿限定による会員企業を募集している。鍛治川常務は「印刷通販のようにプライムファイアを使用できるサービスを行っていく。例えば、小ロットの大判ポスターをオフセットからプライムファイアに切り替えることによるコスト削減の提案を行う。これにより、小ロットの大判ポスターをさらに低コスト・短納期で製作することが可能になり、市場価格1枚2,000〜5,000円のものを980円で販売することができる」とそのメリットを説明する。会員企業は限定30社を予定しており、そのうち10社が決定しているという。

関連記事

新着トピックス

dp_c14000_demo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、高次元の自動化を実現〜多彩な後加工もワンパス処理

2020年8月4日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、今年6月17日よりデジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000...全文を読む

dp_miyakosi_online_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、軟包装印刷にデジタル革命〜水性インクジェットで課題解決へ

2020年8月4日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は6月30日、オンラインによる記者会見を開催し、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の機能概要などを発...全文を読む

最新ニュース

goof_print4_dp_tn.jpg

グーフ、Print of Thingsサービス強化で印刷会社4社と資本業務提携

2020年9月10日

 (株)グーフ(本社/東京都品川区、岡本幸憲CEO)は、錦明印刷(株)(塚田司郎社長)、(株)研文社(網野勝彦社長)、(株)小松総合印刷(小松肇彦社長)、西川コミュニケーションズ(株)...全文を読む

dp_pc_3_tn.jpg

富士ゼロックス、スマートファクトリー化を支援する「Production Cockpit 3.0 」発売

2020年9月9日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、印刷の全工程を一元的に管理する統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン「Production Cockpit 3.0 (...全文を読む

dp_pagewide_5000_tn.jpg

HP社、HP PageWide Web Pressシリーズによる印刷枚数が累計5,000億ページ達成

2020年9月4日

 HP社は、インクジェットプロダクションプリンティングソリューション「HP PageWide Web Press」シリーズによる印刷ページ数が世界市場で、累計で5,000億ページを達成...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

プライムファイア、ハコプレ紙袋が牽引〜2-3月は前年比147%

2020年4月9日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プライムファイア106の導入と、通販サービス『ハコプレ紙袋』が売上を牽引している」としており、今年2月-3月の売上は前年比147%になっているという。同社は2020年、さらに新たな通販サービスを発表する予定で、デジタル印刷で売上20億円という目標が手に届くところにまで迫っている。

 デジタル印刷で柱を立てる--。これは、同社が関東工場にデジタル印刷機「iGen4」を導入し、小ロットパッケージ通販サービス「ハコプレ」を立ち上げ、通販サービスの市場に名乗りを上げた2013年4月から掲げてきた目標である。同社では、デジタル印刷を印刷紙器や段ボールなどトータルにパッケージを手掛ける企業としての柱、タイにも工場を持つグローバル企業としての柱に次ぐ3本目の柱に成長させるべく、通販サービスの展開と合わせ、デジタル印刷設備の強化も進めてきた。

 通販サービスの展開としては、この7年間で「ハコプレ」に続いてBtoC向け極小ロットパッケージ「世界にひとつの箱」、小売店や飲食店にメニューやポスター・POPなどを提供する「ポップレ」、紙袋専門の小ロット・超短納期・超低価格サービス「ハコプレ紙袋」、極小ロットのパッケージを対象にした「サンプルパッケージ.com」などを開設し、小ロット印刷物の大量受注によりデジタル印刷による売上を年々拡大してきた。

そしてこの間、2015年1月に2台目のデジタル印刷機となる「Versant2100Press」を導入。続いて同年9月にはB2サイズ・厚紙対応「JetPress720S」を導入し、さらに2018年5月には「Iridesse Production Press」を導入するなど、通販サービスによる新市場開拓と売上拡大に合わせ、デジタル印刷事業を設備面でも加速させてきた。そして2019年11月には、国内1号機のB1デジタル印刷機「プライムファイア106」を導入し、本稼働を開始した。

Primefire106の前で鍛治川常務

 プライムファイア106は、750×1,060mmのオフセット菊全以上の用紙を1時間あたり2500枚通紙可能であることに加えて、通常のCMYKにオレンジ、グリーン、バイオレットの3色を加えた7色のインクジェットユニットに各色25個のインクジェットヘッドを搭載し、パントンカラーの95%の色域をカバーすることができる。また、1枚あたりの用紙に120億のインクドロップを照射することにより、高い次元で色の安定性を実現する。

 同社は現在、「プライムファイア106」を業界全体で活用していくことを目的に、WEB入稿限定による会員企業を募集している。鍛治川常務は「印刷通販のようにプライムファイアを使用できるサービスを行っていく。例えば、小ロットの大判ポスターをオフセットからプライムファイアに切り替えることによるコスト削減の提案を行う。これにより、小ロットの大判ポスターをさらに低コスト・短納期で製作することが可能になり、市場価格1枚2,000〜5,000円のものを980円で販売することができる」とそのメリットを説明する。会員企業は限定30社を予定しており、そのうち10社が決定しているという。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP