キーワードで検索

FFGS、「3 in 1」で既存機を「超越」したスーパーワイド機:Acuity Ultraシリーズ

高いメディア対応力〜大阪ショールームで実機デモ可能に

2020年7月13日製品・テクノロジー

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は7月、「高画質」「高生産性」「汎用性」の3つの特長を併せ持つスーパーワイドフォーマットUVインクジェットロールプリンタ「Acuity Ultraシリーズ」の販売を開始する。IGAS2018でも実機デモが行われた同プリンタだが、その後、国内市場の適性に応じて30箇所以上の改良が加えられ、「既存機を『超越』したスーパーワイドフォーマット機」として市場投入する。今回、同社ワイドフォーマット営業部 技術グループの安倍慎哉担当課長に、開発の背景や機能的特長、今後の販促展開などについて話を聞いた。

大阪ショールームに設置された「Acuity Ultra」3.2m機

ワールドワイド40台が稼働

 「Acuity Ultra」は、2018年5月にベルリンで開催された「FESPA2018」で発表されると同時にワールドワイドで販売が開始されたUVインクジェットロールプリンタ。最大印刷幅3.2/5mの2機種をラインナップし、日本国内においては、「IGAS2018」のFFGSブースに5m機が実機展示され、そのスーパーワイドフォーマットプリンタの迫力の筐体と高い品質、印刷スピードに多くの来場者が目を奪われたのも記憶に新しい。その後、国内のテストユーザーでもトライアル運用が開始された。

 欧州での先行発売に対し、日本市場では単純に品質面だけでなく、運用面や操作性も重視されることから、このテスト運用におよそ1年の歳月が費やされ、国内市場の適性に応じて30箇所以上の改良を加えることで、その操作性と安定性が高められた。そして今年1月からは、満を持してFFGSの大阪ショールーム「i-Communication Center大阪」に3.2m機が設置され、2月からオープンハウスも開催。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあったが、この7月に国内発売を開始する予定。

 開発の段階からターゲットとしていたユーザー層は、同社が得意とする大判プリント分野への事業領域拡張を狙う商業印刷会社に加え、従来のワイドフォーマット市場であるサイン&ディスプレイ事業者、さらに品質要求レベルがより高いフォトラボ事業者だ。開発コンセプトについて安倍課長は、「高画質かつ高生産性を両立する、既存機を『超越』したスーパーワイドフォーマット機」と位置付けた上で、「既存機の置換による事業効率化をはじめ、既存機では難しかったコルトン代替などの高付加価値アプリケーション、さらにはテンションファブリックや『脱プラ』を背景とした非プラスチック系新素材といった特殊素材への対応を促進し、お客様の採算性向上や新規分野への事業拡張に貢献することを目的に開発されたものである」と説明している。

安倍 氏

 ワールドワイドではイギリスのエコー・ハウス社が、また日本国内においてはスタジオアリスグループの(株)JVIS(本社/東京都八王子市)が大阪支社にそれぞれ1号機を導入。いずれも「既存機では出せないレベルの品質」が高く評価されている。現在、約40台がワールドワイドで稼働(うち7割が5m機)しており、世界における富士フイルムのワイドフォーマットプリンタ事業では主軸の製品となっている。

関連記事

新着トピックス

flatsytem_samba_jpc_dp_tn.jpg

富士フイルム、Jet Pressの基幹部品を提供[Samba JPC]

2020年9月30日製品・テクノロジー

 富士フイルム(株)(助野健児社長)では、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを...全文を読む

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

最新ニュース

dp_horizon_ht_300_tn.jpg

ホリゾン、バリアブル加工に対応する新製品2機種を発売

2020年10月21日

 (株)ホリゾンは、三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」と4クランプ無線綴じ製本機「iCE BINDER BQ-500」の2機種を10月中旬より発売する。  iCE TR...全文を読む

dp_plus_insatu_tn.jpg

日本HP、新コンテンツ「印刷会社の未来が変わる物語 」を10月27日にオンライン配信

2020年10月20日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、新たなコン...全文を読む

taskalfa-pro-15000c_20200703_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、中国の商業用インクジェット市場に新規参入

2020年10月15日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は、10月12日から上海新国際博覧センターで開催されている展示会「All in Print China 2020」に商業用印刷...全文を読む

FFGS、「3 in 1」で既存機を「超越」したスーパーワイド機:Acuity Ultraシリーズ

高いメディア対応力〜大阪ショールームで実機デモ可能に

2020年7月13日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は7月、「高画質」「高生産性」「汎用性」の3つの特長を併せ持つスーパーワイドフォーマットUVインクジェットロールプリンタ「Acuity Ultraシリーズ」の販売を開始する。IGAS2018でも実機デモが行われた同プリンタだが、その後、国内市場の適性に応じて30箇所以上の改良が加えられ、「既存機を『超越』したスーパーワイドフォーマット機」として市場投入する。今回、同社ワイドフォーマット営業部 技術グループの安倍慎哉担当課長に、開発の背景や機能的特長、今後の販促展開などについて話を聞いた。

大阪ショールームに設置された「Acuity Ultra」3.2m機

ワールドワイド40台が稼働

 「Acuity Ultra」は、2018年5月にベルリンで開催された「FESPA2018」で発表されると同時にワールドワイドで販売が開始されたUVインクジェットロールプリンタ。最大印刷幅3.2/5mの2機種をラインナップし、日本国内においては、「IGAS2018」のFFGSブースに5m機が実機展示され、そのスーパーワイドフォーマットプリンタの迫力の筐体と高い品質、印刷スピードに多くの来場者が目を奪われたのも記憶に新しい。その後、国内のテストユーザーでもトライアル運用が開始された。

 欧州での先行発売に対し、日本市場では単純に品質面だけでなく、運用面や操作性も重視されることから、このテスト運用におよそ1年の歳月が費やされ、国内市場の適性に応じて30箇所以上の改良を加えることで、その操作性と安定性が高められた。そして今年1月からは、満を持してFFGSの大阪ショールーム「i-Communication Center大阪」に3.2m機が設置され、2月からオープンハウスも開催。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあったが、この7月に国内発売を開始する予定。

 開発の段階からターゲットとしていたユーザー層は、同社が得意とする大判プリント分野への事業領域拡張を狙う商業印刷会社に加え、従来のワイドフォーマット市場であるサイン&ディスプレイ事業者、さらに品質要求レベルがより高いフォトラボ事業者だ。開発コンセプトについて安倍課長は、「高画質かつ高生産性を両立する、既存機を『超越』したスーパーワイドフォーマット機」と位置付けた上で、「既存機の置換による事業効率化をはじめ、既存機では難しかったコルトン代替などの高付加価値アプリケーション、さらにはテンションファブリックや『脱プラ』を背景とした非プラスチック系新素材といった特殊素材への対応を促進し、お客様の採算性向上や新規分野への事業拡張に貢献することを目的に開発されたものである」と説明している。

安倍 氏

 ワールドワイドではイギリスのエコー・ハウス社が、また日本国内においてはスタジオアリスグループの(株)JVIS(本社/東京都八王子市)が大阪支社にそれぞれ1号機を導入。いずれも「既存機では出せないレベルの品質」が高く評価されている。現在、約40台がワールドワイドで稼働(うち7割が5m機)しており、世界における富士フイルムのワイドフォーマットプリンタ事業では主軸の製品となっている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP