キーワードで検索

アオヤギ、クライアントとサポーターが認めるグッズをIridesseで制作

真の高付加価値を具現化〜特殊色と長尺印刷機能をフル活用

2020年11月19日企業・経営

 2019年度「PIXI(Printing Innovation with Xerox Imaging)アワード」において、ポスター部門第1位を獲得したアオヤギ(株)(福岡県福岡市、青柳泰一郎社長)の表彰式が10月19日、富士ゼロックス福岡(株)(福岡県福岡市、竹内將人社長)本社において挙行された。受賞作品である「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」は、Iridesse Production Pressの特長であるゴールドトナーと長尺印刷のオプション機能を活用して制作されている。

PIXIアワード「ポスター部門」第1位獲得

 PIXIアワードは、アジア・パシフィック地域における富士ゼロックス製プロダクションプリンターのユーザーから応募作品を募るコンテスト。審査は、印刷やグラフィックデザインなど各分野の識者で構成される第三者委員会によって行われ、作品の品質、デジタル印刷技術の活用、革新性、ビジネス性、全体的な美しさといった基準に基づいて受賞作品を決定する。

 12回目を迎えた今回は、248作品が寄せられ、厳正な審査を経て10ヵ国43作品が入賞を果たした。また、入賞43作品のうち、最優秀賞受賞作品を含めた31作品にIridesse Production Pressが活用されていた。

 日本からは6社16作品がエントリーし、アオヤギの作品「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」がポスター部門の第1位に、そしてヤマゼンコミュニケイションズ(株)(栃木県宇都宮市)の作品「POCKET MUSEUM(名刺カバー)」がオフィス用品部門で第1位に選出されている。

Iridesseの機能を最大限に活用

 ポスター部門第1位を獲得した「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」は、Jリーグクラブ「ロアッソ熊本」グッズとして開発された商材。ナイロン素材である「シータス」に、Iridesse Production Pressの特長であるゴールドの特殊トナーとフルカラープリントを掛け合わせ、長尺105cmのタペストリーとして仕上げられている。サポーターの心を捉えるクラブカラーの赤とゴールドの鮮やかな配色に加え、防水、耐久性に優れた素材を使用することで付加価値を高めるだけでなく、デジタル印刷だからこそ実現できる完全受注生産による在庫レス化を実現している。
PIXIアワード「ポスター部門」第1位を獲得した「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」
 表彰式の席上、富士ゼロックス福岡の竹内社長は「Iridesseを活かす発想やデザインなどがグローバルな観点で評価されたことは、当社にとっても大きな財産である。とくに発注者だけでなく、その先のエンドユーザーにまで喜んでもらえる商品開発力に対して敬意を表する」と述べ、改めてアオヤギの功績を称えるとともに、今後も商材開発を含めた協働関係を築いていきたいとの考えを示した。

 このあと青柳社長のほか、受賞作品の制作プロジェクトチームメンバーであるドキュメントソリューション部の工藤政博部長、印刷ソリューション部の矢壁国博課長と大谷朋也課長代理が登壇し、竹内社長から表彰状と記念トロフィーが授与された。

 青柳社長は壇上で「世界的に栄えある賞をいただけたことで、社員のモチベーションの向上につながったとともに、会社の社格も上がったのではないかと実感している」と喜びを語った。

富士ゼロックスとともに新たな価値創出に挑戦

 同社が富士ゼロックスのIridesse Production Pressを導入したのは昨年3月。既設の他社製デジタル印刷機が更新を迎えることから同社では、既設他社メーカーの新機種を含め、検討を重ねた結果、Iridesseを新たな事業戦略機として選択した。

 機種選定の理由の1つとして青柳社長は、「新たな事業領域の拡大には、特殊色を活用した差別化戦略が必要と判断した」と、ゴールドなどの特殊色を使用できる機能を挙げている。
左から青柳社長、工藤部長、矢壁課長、大谷課長代理
 また、青柳社長は、メーカーのサポート力も機種選定の大きなポイントであると強調する。青柳社長が語る「メーカーのサポート力」とは、定期メンテナンスや機械トラブル時の対応といった一般的なものだけではなく、新たな市場を共に創出するためのサポート活動だ。ときには同社の営業担当者と富士ゼロックスのスタッフが協働して、クライアントに対してIridesseならではの特性を活かしたより具体的な商品提案を行う。また、特殊な仕様などに関する要求に対しても、メーカー側のスタッフが協働していることによってより迅速な対応が可能になる。これは、Iridesseを導入して間もないアオヤギの担当者にとって心強い支援になった。

関連記事

新着トピックス

dp_kawase_hp_indigo_7900_tn.jpg

大同至高印刷、小ロット対応の課題克服〜商品開発力にデジタル印刷を付加

2020年10月22日ケーススタディ

 世界の小売ブランドに高品質なカラー印刷を施したプラスチックシート製品を提供する大同至高印刷(株)(本社/愛知県名古屋市、川瀬康輝社長)は今年7月、新たな生産設備として導入した「HP ...全文を読む

dp_ij_mjp30axf_tn.jpg

ミヤコシ、軟包装用水性インクジェットを市場投入〜生産性と環境配慮を両立

2020年10月2日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年6月、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の販売を開始した。同社では、この水性顔料インクを採用し...全文を読む

最新ニュース

dp_screen_ogs_tn.jpg

SCREEN GA、CxF特色色合わせソリューションをCGS ORIS社と共同開発

2020年11月24日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)はこのほど、正確な色管理を可能にするCxF(カラーエクスチェンジフォーマット)データ生成の作業効率を大幅に改善する...全文を読む

kyoceradocumentsolutions_type_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、TASKalfa Proに大容量インクコンテナ搭載モデル

2020年11月18日

 京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)は、インクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」の新ラインアップとして、大容量インク...全文を読む

jp2020_poster_2-dp_tn.jpg

JP2020・ICTと印刷展、Withコロナ時代の印刷のあるべき姿提示[11月19日ー20日]

2020年11月16日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が延期されていた「JP2020・ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が11月19・20日の2日間、インテックス大阪5号館(大阪...全文を読む

アオヤギ、クライアントとサポーターが認めるグッズをIridesseで制作

真の高付加価値を具現化〜特殊色と長尺印刷機能をフル活用

2020年11月19日企業・経営

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 2019年度「PIXI(Printing Innovation with Xerox Imaging)アワード」において、ポスター部門第1位を獲得したアオヤギ(株)(福岡県福岡市、青柳泰一郎社長)の表彰式が10月19日、富士ゼロックス福岡(株)(福岡県福岡市、竹内將人社長)本社において挙行された。受賞作品である「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」は、Iridesse Production Pressの特長であるゴールドトナーと長尺印刷のオプション機能を活用して制作されている。

PIXIアワード「ポスター部門」第1位獲得

 PIXIアワードは、アジア・パシフィック地域における富士ゼロックス製プロダクションプリンターのユーザーから応募作品を募るコンテスト。審査は、印刷やグラフィックデザインなど各分野の識者で構成される第三者委員会によって行われ、作品の品質、デジタル印刷技術の活用、革新性、ビジネス性、全体的な美しさといった基準に基づいて受賞作品を決定する。

 12回目を迎えた今回は、248作品が寄せられ、厳正な審査を経て10ヵ国43作品が入賞を果たした。また、入賞43作品のうち、最優秀賞受賞作品を含めた31作品にIridesse Production Pressが活用されていた。

 日本からは6社16作品がエントリーし、アオヤギの作品「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」がポスター部門の第1位に、そしてヤマゼンコミュニケイションズ(株)(栃木県宇都宮市)の作品「POCKET MUSEUM(名刺カバー)」がオフィス用品部門で第1位に選出されている。

Iridesseの機能を最大限に活用

 ポスター部門第1位を獲得した「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」は、Jリーグクラブ「ロアッソ熊本」グッズとして開発された商材。ナイロン素材である「シータス」に、Iridesse Production Pressの特長であるゴールドの特殊トナーとフルカラープリントを掛け合わせ、長尺105cmのタペストリーとして仕上げられている。サポーターの心を捉えるクラブカラーの赤とゴールドの鮮やかな配色に加え、防水、耐久性に優れた素材を使用することで付加価値を高めるだけでなく、デジタル印刷だからこそ実現できる完全受注生産による在庫レス化を実現している。
PIXIアワード「ポスター部門」第1位を獲得した「ロアッソ熊本 ロングタペストリー」
 表彰式の席上、富士ゼロックス福岡の竹内社長は「Iridesseを活かす発想やデザインなどがグローバルな観点で評価されたことは、当社にとっても大きな財産である。とくに発注者だけでなく、その先のエンドユーザーにまで喜んでもらえる商品開発力に対して敬意を表する」と述べ、改めてアオヤギの功績を称えるとともに、今後も商材開発を含めた協働関係を築いていきたいとの考えを示した。

 このあと青柳社長のほか、受賞作品の制作プロジェクトチームメンバーであるドキュメントソリューション部の工藤政博部長、印刷ソリューション部の矢壁国博課長と大谷朋也課長代理が登壇し、竹内社長から表彰状と記念トロフィーが授与された。

 青柳社長は壇上で「世界的に栄えある賞をいただけたことで、社員のモチベーションの向上につながったとともに、会社の社格も上がったのではないかと実感している」と喜びを語った。

富士ゼロックスとともに新たな価値創出に挑戦

 同社が富士ゼロックスのIridesse Production Pressを導入したのは昨年3月。既設の他社製デジタル印刷機が更新を迎えることから同社では、既設他社メーカーの新機種を含め、検討を重ねた結果、Iridesseを新たな事業戦略機として選択した。

 機種選定の理由の1つとして青柳社長は、「新たな事業領域の拡大には、特殊色を活用した差別化戦略が必要と判断した」と、ゴールドなどの特殊色を使用できる機能を挙げている。
左から青柳社長、工藤部長、矢壁課長、大谷課長代理
 また、青柳社長は、メーカーのサポート力も機種選定の大きなポイントであると強調する。青柳社長が語る「メーカーのサポート力」とは、定期メンテナンスや機械トラブル時の対応といった一般的なものだけではなく、新たな市場を共に創出するためのサポート活動だ。ときには同社の営業担当者と富士ゼロックスのスタッフが協働して、クライアントに対してIridesseならではの特性を活かしたより具体的な商品提案を行う。また、特殊な仕様などに関する要求に対しても、メーカー側のスタッフが協働していることによってより迅速な対応が可能になる。これは、Iridesseを導入して間もないアオヤギの担当者にとって心強い支援になった。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP