キーワードで検索

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

環境配慮とコスト削減提案
アイデア次第で様々なマテリアルの代替品に

2021年4月6日スペシャリスト

丹波市に新型コロナワクチン接種時の「パーテーション」を寄贈

 さらに、同社はウイズコロナにも対応する様々な製品を企画・提案している。ある企業は、ソーシャルディスタンスを目的に、オフィスの一角に設置するワーク用のデスクを採用。もちろん、段ボールで製作されたものである。オフィスの大きな机を移動するのは大変な作業になるが、段ボールの机であれば、移動も楽で、不要になればいつでも捨てることができる。まさにコロナ禍に対応した製品と言えるだろう。

 また、丹波市の小学校に限定し、段ボールによるタブレットケースを製作して寄贈。さらに丹波市には、新型コロナのワクチン接種時のパーテーションを90台寄贈。3月25日にはその寄贈式が丹波市内において開催された。その目録も段ボールで製作したという。

丹波市への贈呈式にて池田社長(左)

 「新型コロナの感染拡大防止に向けて、段ボールでお役立ちできればと思い、パーテーションの寄贈を決めた」(池田社長)

 また、同社の様々な製品は、抗菌ニスを段ボールの表裏に塗布した「抗菌段ボール」での製作も可能である。
 
 「コロナ禍により、とくに多数の人の手に触れる運搬用の段ボールには誰もが神経質になりつつある。安心して段ボールに触れることができるように、抗菌段ボールの使用を推奨したい」(池田社長)
 
 なお、価格は抗菌ニスを塗布するだけのため大きくは変わらないようで、段ボール1枚につき、10〜20円程度の違いということである。
 
 このほかにも、同社の段ボールマテリアルを活用した企画・アイデアは枚挙にいとまがない。

 段ボールによる「防音ルーム」も売れ出しているようで、「歌や楽器の練習をする人に向いている」(池田社長)。外からの音もシャットアウトするため、静かな空間で仕事や勉強、読書などを楽しみたい人にも人気があるようだ。

段ボールによる「防音ルーム」

 現在、夏に向けて開発中の製品としては「夏祭りセット」がある。射撃などの夏祭りで使用する遊具を段ボールで製作していくという。

 「当社はSDGsを推進しているが、SDGs17の目標の中に、『つくる責任 つかう責任』とある。今後も段ボールというマテリアルの優位性を社会に広く周知していくとともに、当社のアイデアとデジタル印刷の技術力を融合させ、段ボールで社会に貢献していきたい」(池田社長)

 段ボールとデジタル印刷技術で社会貢献活動を展開するとともに、SDGsの推進にも邁進する同社の取り組みに注目したい。

新着トピックス

dp_sirahashi_ipa2021_tn.jpg

白橋、若手の想像力をカタチに〜企画力が評価されIPA2021で入賞

2022年5月30日企業・経営

 (株)白橋(東京都中央区、白橋明夫社長)は、2021年度の「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPA』)」において、「『non...全文を読む

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

最新ニュース

dp_bli_tn.jpg

富士フイルムBI、ハイエンドモデル「Revoria Press PC1120」がBLI 2022 PRO Award受賞

2022年6月24日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(浜直樹社長・CEO)は、プロダクションカラープリンター「Revoria Press PC1120」が、ビジネスユーザー向け印刷機器の独立評...全文を読む

dp_ml_32000_tn.jpg

エプソン、高生産性と高い印捺品質・安定稼働を実現したインクジェットデジタル捺染機発売

2022年6月23日

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-32000」の発売を6月22日より開...全文を読む

toppanf20220623_dp_tn.jpg

トッパン・フォームズ、小ロット対応のセキュリティプリントサービス開発

2022年6月23日

 トッパン・フォームズ(株)は、偽造防止効果が得られるセキュリティプリントサービス「ヒドンワードII」の販売を開始した。  複合機などでコピーをすると「COPY」などの隠し文字が現れる...全文を読む

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

環境配慮とコスト削減提案 アイデア次第で様々なマテリアルの代替品に

2021年4月6日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line

丹波市に新型コロナワクチン接種時の「パーテーション」を寄贈

 さらに、同社はウイズコロナにも対応する様々な製品を企画・提案している。ある企業は、ソーシャルディスタンスを目的に、オフィスの一角に設置するワーク用のデスクを採用。もちろん、段ボールで製作されたものである。オフィスの大きな机を移動するのは大変な作業になるが、段ボールの机であれば、移動も楽で、不要になればいつでも捨てることができる。まさにコロナ禍に対応した製品と言えるだろう。

 また、丹波市の小学校に限定し、段ボールによるタブレットケースを製作して寄贈。さらに丹波市には、新型コロナのワクチン接種時のパーテーションを90台寄贈。3月25日にはその寄贈式が丹波市内において開催された。その目録も段ボールで製作したという。

丹波市への贈呈式にて池田社長(左)

 「新型コロナの感染拡大防止に向けて、段ボールでお役立ちできればと思い、パーテーションの寄贈を決めた」(池田社長)

 また、同社の様々な製品は、抗菌ニスを段ボールの表裏に塗布した「抗菌段ボール」での製作も可能である。
 
 「コロナ禍により、とくに多数の人の手に触れる運搬用の段ボールには誰もが神経質になりつつある。安心して段ボールに触れることができるように、抗菌段ボールの使用を推奨したい」(池田社長)
 
 なお、価格は抗菌ニスを塗布するだけのため大きくは変わらないようで、段ボール1枚につき、10〜20円程度の違いということである。
 
 このほかにも、同社の段ボールマテリアルを活用した企画・アイデアは枚挙にいとまがない。

 段ボールによる「防音ルーム」も売れ出しているようで、「歌や楽器の練習をする人に向いている」(池田社長)。外からの音もシャットアウトするため、静かな空間で仕事や勉強、読書などを楽しみたい人にも人気があるようだ。

段ボールによる「防音ルーム」

 現在、夏に向けて開発中の製品としては「夏祭りセット」がある。射撃などの夏祭りで使用する遊具を段ボールで製作していくという。

 「当社はSDGsを推進しているが、SDGs17の目標の中に、『つくる責任 つかう責任』とある。今後も段ボールというマテリアルの優位性を社会に広く周知していくとともに、当社のアイデアとデジタル印刷の技術力を融合させ、段ボールで社会に貢献していきたい」(池田社長)

 段ボールとデジタル印刷技術で社会貢献活動を展開するとともに、SDGsの推進にも邁進する同社の取り組みに注目したい。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP