キーワードで検索

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

加工速度に「影響なし」〜最終工程検査で不良流出を抑制

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業

 日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えることが大半である昨今、クライアントが印刷会社に求めるのは「印刷」の品質だけではない。「最終成果物」の品質が重要であり、そこに1つでも不良があると全数検品となることも珍しくはない時代になってきた。

 そんな中、(株)ホリゾン(京都市南区、堀英二郎社長)と、ダックエンジニアリング(株)(京都市南区、氷上好孝社長)は、デジタル印刷機からインラインでつながれたホリゾンの後加工ラインに、ダックエンジニアリングの全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載し、可能な限り「最終成果物」に近い工程で検査するシステムを構築。昨年10月の「Horizon Smart Factory(HSF) 2021」、今年2月の「page2022」で発表して注目を集めた。

 そこで今回、ダックエンジニアリングの氷上社長、ホリゾンのコーポレートデザイン部 ソリューション課 課長の大津英明氏に取材し、ポストプレス視点から見た検査システムの重要性や、「スマートファクトリーの実現」という共通の目的に向かって進む両社の構想を語ってもらった。

氷上社長(左)とホリゾンの大津氏

全面フルカラーバリアブル印刷検査装置の開発が協業のきっかけに

 両社はともに、京都市南区に本社を構える企業。お互いの存在は古くから知っていた。氷上社長としては、ホリゾンの後加工機に自社の検査装置を搭載して欲しいとの思いはかなり前から持っていたようである。「かれこれ10年以上前からアプローチしていたと思う」(氷上社長)

 それでも、協業したいという思いはなかなか実現しなかったが、そんな両社の直接的な出会いとなったのが、ホリゾンがスマートファクトリーを体感できるイベントとして、京都の「みやこめっせ」で2019年11月に開催した「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」であった。

 「業界関係者の方の紹介で出展させてもらうことになった。ただ、このときは協業ではなく単独出展であった」(氷上社長)。しかし、その後に同社は「全面フルカラーバリアブル検査装置」の開発に成功。これが、両社の関係を急接近させるきっかけになった。昨年10月にホリゾンびわ湖工場で開催された「HSF2021」において、ホリゾンの製本システムにこのバリアブル印刷検査装置を搭載し、パートナー企業として出展することになったのである。

ホリゾン製本ラインに搭載されたバリアブル印刷検査装置

 これについてホリゾンの大津氏は、「当社ではかねてより、印刷から後加工までの自動化を業界に提案してきたが、省力化・省人化の先には、検査をどうするのかという課題が常に付きまとっていた。バリアブル印刷の検査については、半ば諦めの気持ちもあったのだが、この検査装置により、当社としても、より省力化・省人化を提案しやすくなった」と話す。

新着トピックス

国府印刷社、デジタル加飾で自由度の高いメタリック表現を実現

2022年4月8日ケーススタディ

 「印刷+α」のサービスで高付加価値な印刷物を提供する(株)国府印刷社(本社/福井県越前市、有定耕平社長)に新サービスが誕生した。これは、2022年1月に導入したデジタル加飾印刷機「A...全文を読む

トヨテック、デジタル印刷の需要創出

2022年4月8日製品・テクノロジー

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は、デジタル印刷の新たな需要を創出する省力化可能な自動処理による前加工機・後加工機を提案している。 ▽オートフィーダー付き無線綴じ製...全文を読む

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

加工速度に「影響なし」〜最終工程検査で不良流出を抑制

2022年4月11日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業

 日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えることが大半である昨今、クライアントが印刷会社に求めるのは「印刷」の品質だけではない。「最終成果物」の品質が重要であり、そこに1つでも不良があると全数検品となることも珍しくはない時代になってきた。

 そんな中、(株)ホリゾン(京都市南区、堀英二郎社長)と、ダックエンジニアリング(株)(京都市南区、氷上好孝社長)は、デジタル印刷機からインラインでつながれたホリゾンの後加工ラインに、ダックエンジニアリングの全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載し、可能な限り「最終成果物」に近い工程で検査するシステムを構築。昨年10月の「Horizon Smart Factory(HSF) 2021」、今年2月の「page2022」で発表して注目を集めた。

 そこで今回、ダックエンジニアリングの氷上社長、ホリゾンのコーポレートデザイン部 ソリューション課 課長の大津英明氏に取材し、ポストプレス視点から見た検査システムの重要性や、「スマートファクトリーの実現」という共通の目的に向かって進む両社の構想を語ってもらった。

氷上社長(左)とホリゾンの大津氏

全面フルカラーバリアブル印刷検査装置の開発が協業のきっかけに

 両社はともに、京都市南区に本社を構える企業。お互いの存在は古くから知っていた。氷上社長としては、ホリゾンの後加工機に自社の検査装置を搭載して欲しいとの思いはかなり前から持っていたようである。「かれこれ10年以上前からアプローチしていたと思う」(氷上社長)

 それでも、協業したいという思いはなかなか実現しなかったが、そんな両社の直接的な出会いとなったのが、ホリゾンがスマートファクトリーを体感できるイベントとして、京都の「みやこめっせ」で2019年11月に開催した「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」であった。

 「業界関係者の方の紹介で出展させてもらうことになった。ただ、このときは協業ではなく単独出展であった」(氷上社長)。しかし、その後に同社は「全面フルカラーバリアブル検査装置」の開発に成功。これが、両社の関係を急接近させるきっかけになった。昨年10月にホリゾンびわ湖工場で開催された「HSF2021」において、ホリゾンの製本システムにこのバリアブル印刷検査装置を搭載し、パートナー企業として出展することになったのである。

ホリゾン製本ラインに搭載されたバリアブル印刷検査装置

 これについてホリゾンの大津氏は、「当社ではかねてより、印刷から後加工までの自動化を業界に提案してきたが、省力化・省人化の先には、検査をどうするのかという課題が常に付きまとっていた。バリアブル印刷の検査については、半ば諦めの気持ちもあったのだが、この検査装置により、当社としても、より省力化・省人化を提案しやすくなった」と話す。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP