キーワードで検索

彩匠堂、「菊四裁POD」からの脱却[Jet Press 750S導入事例]

B2デジタル市場に商機見出す〜「内製化」と「アート系」にアプローチ

2023年9月12日ケーススタディ

 「寄り添いながら、先をいく」──トナーPODによる瞬発力のあるオンデマンド印刷ビジネスを展開してきた(株)彩匠堂(本社/大阪市中央区道修町2-2-6、伊達則幸社長)が2022年3月、富士フイルムのB2判インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入し、新たな印刷市場開拓に名乗りを上げている。PODオンリーだった印刷会社がオフセットライクなJet Pressでどのような商機を見出そうとしているのか。今回、伊達社長と龍田取締役に話を聞いた。

深江橋プリントセンターで稼働するJet Press 750S

「超短納期対応」と「内職対応」

 同社の創業は2009年。複写関連業を前職とする伊達社長が独立する形で創業し、その知識と経験を活かしたオンデマンド印刷ビジネスで急成長を遂げる新鋭の印刷会社だ。

 中央区北浜という大阪中心部のオフィス街に本社事務所を構え、中之島、淀屋橋、本町付近を中心とした大阪市内を主な商圏とするBtoBビジネスを展開。とくに学習塾の成績表などで培ったバリアブル印刷のハンドリング技術を成長エンジンとして事業を拡大。その後、2012年にはプライバシーマークを取得、さらに2016年には東京営業所(東京都渋谷区渋谷)を開設することで事業の間口を広げ、仕事量の増加とともに積極的な設備投資でクライアントの需要に応えてきた。

伊達 社長

 振り返ってみると、同社の創業はリーマンショックからおよそ1年後。厳しい経済環境下からのスタートだった同社が、着実に業績を伸ばしてきた理由には、「超短納期対応」と「内職対応」という2つの強みがある。伊達社長は、「納期対応で溢れた仕事、手間がかかって他社では断られるような内職仕事。いずれも当然ながらハードな仕事になるが、後発がゆえに、ここを自社の強みに変えることで企業価値を高めてきた。とくに流通加工、アッセンブリは、印刷との相乗効果を生み、今となっては大きな強みとなっている」と説明。また、あえて様々な業種からの仕事を開拓することで業種ならではジョブの特徴を習得し、これら細やかな対応力と行動力で多くの信頼を獲得。現在、およそ1,500社の口座から月およそ500ジョブを受注、処理している。

 一方、生産設備は2013年に開設した深江橋プリントセンター(大阪市東成区神路2-2-6)に集約。2022年3月に導入したB2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」もここで稼働している。

新着トピックス

dp_fe_pc_tn.jpg

富士フイルムBI、DX実証の場へと進化した「Future Edge」

2024年1月11日企業・経営

 最新の大型インクジェットプリンターなどの生産設備と、IoT技術を活用した最先端の生産工場「FUJIFILM Smart Factory」を体感できる「Future Edge(フューチ...全文を読む

osakainsatsu_swiss_q_op2_23_tn.jpg

大阪印刷、swissQprint UV IJプリンタ「Oryx4」「Impala4」導入

2023年12月27日ケーススタディ

 同人誌印刷やアクリル商品で急成長する大阪印刷(株)(大阪市西淀川区御幣島5-5-23、根田貴裕社長)。コロナ禍の2021年売上は5億2,000万円ほどであったが、2023年は18億円...全文を読む

最新ニュース

rolanddg_mo-240_dp_tn.jpg

ローランドDG、UVフラットベッドプリンター「VersaOBJECT MO-240」発売

2024年1月15日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、立体物にダイレクト印刷が行える「VersaOBJECT(バーサオブジェクト)」シリーズの新製品として、UV-LEDフラットベッドインクジェットプリ...全文を読む

dp_akita_epson_tn.jpg

秋田エプソン、インクジェットプリンター用ヘッド製造の新棟竣工

2023年12月25日

 セイコーエプソン(株)(以下、エプソン)のグループ会社である秋田エプソン(株)(以下、秋田エプソン)は、インクジェットプリンター用ヘッド(以下、プリントヘッド)の生産能力増強のため、...全文を読む

morisawafair24_dp_tn.jpg

モリサワ、「MORISAWA FAIR 2024」ハイブリッドで開催

2023年12月20日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は1月23日、本社(大阪市浪速区敷津東2-6-25)において恒例の新春イベント「MORISAWA FAIR 2024」を会場(オフライン)、オンラインの...全文を読む

彩匠堂、「菊四裁POD」からの脱却[Jet Press 750S導入事例]

B2デジタル市場に商機見出す〜「内製化」と「アート系」にアプローチ

2023年9月12日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

 「寄り添いながら、先をいく」──トナーPODによる瞬発力のあるオンデマンド印刷ビジネスを展開してきた(株)彩匠堂(本社/大阪市中央区道修町2-2-6、伊達則幸社長)が2022年3月、富士フイルムのB2判インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入し、新たな印刷市場開拓に名乗りを上げている。PODオンリーだった印刷会社がオフセットライクなJet Pressでどのような商機を見出そうとしているのか。今回、伊達社長と龍田取締役に話を聞いた。

深江橋プリントセンターで稼働するJet Press 750S

「超短納期対応」と「内職対応」

 同社の創業は2009年。複写関連業を前職とする伊達社長が独立する形で創業し、その知識と経験を活かしたオンデマンド印刷ビジネスで急成長を遂げる新鋭の印刷会社だ。

 中央区北浜という大阪中心部のオフィス街に本社事務所を構え、中之島、淀屋橋、本町付近を中心とした大阪市内を主な商圏とするBtoBビジネスを展開。とくに学習塾の成績表などで培ったバリアブル印刷のハンドリング技術を成長エンジンとして事業を拡大。その後、2012年にはプライバシーマークを取得、さらに2016年には東京営業所(東京都渋谷区渋谷)を開設することで事業の間口を広げ、仕事量の増加とともに積極的な設備投資でクライアントの需要に応えてきた。

伊達 社長

 振り返ってみると、同社の創業はリーマンショックからおよそ1年後。厳しい経済環境下からのスタートだった同社が、着実に業績を伸ばしてきた理由には、「超短納期対応」と「内職対応」という2つの強みがある。伊達社長は、「納期対応で溢れた仕事、手間がかかって他社では断られるような内職仕事。いずれも当然ながらハードな仕事になるが、後発がゆえに、ここを自社の強みに変えることで企業価値を高めてきた。とくに流通加工、アッセンブリは、印刷との相乗効果を生み、今となっては大きな強みとなっている」と説明。また、あえて様々な業種からの仕事を開拓することで業種ならではジョブの特徴を習得し、これら細やかな対応力と行動力で多くの信頼を獲得。現在、およそ1,500社の口座から月およそ500ジョブを受注、処理している。

 一方、生産設備は2013年に開設した深江橋プリントセンター(大阪市東成区神路2-2-6)に集約。2022年3月に導入したB2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」もここで稼働している。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP