キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ホリゾン、第31回ラインアップシステム展 10月11日-13日 マ...

ホリゾン、第31回ラインアップシステム展 10月11日-13日 マイドームおおさか

2018年10月10日ニュース

 ホリゾングループは10月11日から13日までの3日間、マイドームおおさか1階展示場において「第31回ホリゾンラインアップシステム展」を開催する。

 今回の見どころの1つは、小ロット生産やバリアブル生産に対応したデジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」。実演は、AFV-566F+TV-564F+BBS-40+EL-480+BBF-480+BQ-480/HT-30Cのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」

 小ロット・連続生産に長けた「Smart Binding System」は、ロール紙対応で仕上がりサイズに合わせた効率的な面付けを可能とする中小ロット向けの製本システム。ロール紙からスタートし、紙折機AFV-566DF Digitalでページの端数処理を実現するダイナミックフォールドを行い、BBS-40で折丁に仮糊付けを行いブックブロックにする。その後、今回の新商品である本身給冊装置BBF-480から製本機BQ-480へと自動投入され、製本、三方断裁までの流れを可能とする。同社では「製本機への自動投入など、効率化をさらに推し進めた今回の機器構成は、今後の製本市場に向けての可能性を十分に感じることのできる内容となっている」としており、同システムの実演は見逃せないものとなりそうだ。

 また、もう1つの見どころとなるのがデジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」である。実演は、TECNAU製シートカット装置+AS-30S+HIF-6000F+VAC-80S+SPF-30S+HTS-30Sのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」

 「Smart Stitching System」は、ロール紙対応でページ数や内容が毎回異なるバリアブル製本に対応した中小ロット向けの中綴じ製本システムである。ロール紙からスタートし、AS-30Sで前処理機から高速供給される用紙を集積して、次工程の鞍掛け中綴機に同期させ、タイミングよく用紙を送りStitchLiner6000Digitalで送られてきた用紙を筋入れ、折り、鞍掛け中綴じし、三方断裁で仕上げる。時間6,000冊(冊子の条件による)の処理速度を実現し、上流であるロール紙の巻き出しスピードを落とさずに効率的な生産が可能だ。

 今回の注目製品は次のとおり。

【StitchLiner MarkIII(ペラ丁合鞍掛け中綴製本システム)】
 多品種少量生産に対応するため、機械の調整を全自動化することでセット替えの時間を極限まで短縮。用紙搬送、筋入れ折り、針金長さの調整、冊子折り、断裁前の位置調整など、すべてにおいて精度、品質、効率が向上している。

 A4S綴じ冊子は最高6,000冊/時間、A4E綴じ冊子は最高5,300冊/時間で処理することが可能(製本速度は紙質や紙の厚さによって異なる)。

【VAC-L600H(自動丁合機 エアーロータ給紙タイプ)】
 ワイドな給紙棚を採用し、最大用紙サイズが大幅アップ。A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。幅350×長さ610mmまでの用紙の給紙を可能にしている。中綴じ製本システム「StitchLiner MarkIII、SPF-200L」と接続することで、A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。

【PJ-200(除電式紙揃機)】
 イオンとエアーで素早い除電・理想の紙揃えを実現する。静電気によるトラブルを正負イオンが低減する。

 サイズや厚さが異なる用紙を振動させ、美しくスピーディーに揃えることができる。正イオン・負イオンを含んだエアーにより、デジタルプリンターからの出力用紙や丁合などの後加工前の紙束を除電しながら素早くさばき、2枚差しや搬送トラブルを低減する。

【SmartSlitter(シートカット&クリーサ)】
 シートカットと同時に筋入れ・ミシン加工までワンパスで行うことが可能で、デジタル印刷の後処理に適している。

 新設計の高解像度のカラータッチパネルからの入力により、機械に不慣れなオペレーターでも簡単に操作できる。

【その他の出展機種】

▽Bind Zone
 新登場の4クランプ無線綴じ製本機BQ-480など、バリアブル製本、小ロット生産に適した製本機や断裁機のデモンストレーションを行う。

▽Stitch Zone
 StitchLiner6000 Digitalでは、オフセット印刷とデジタル印刷の両方の後加工中綴じ製本までの流れを、StitchLiner MarkIIIでは、丁合から中綴じ製本までの流れをデモンストレーションを通して提案する。

▽Fold Zone
 能書折から四六判半裁、菊判全判クラスの多品種の折に対応可能なオートセッティング機による折加工を紹介する。

▽Slit/Crease/Die-cut Zone
 シートカット装置SmartSlitterやロータリーダイカットシステムRD-4055など、デジタル印刷物の後処理に最適な装置をラインアップしてデモンストレーションを行う。

▽On Demand Zone
 デジタル印刷出力後の小ロット、多品種生産に最適なラインアップを体感できる。

【開催概要】
▽名称=第31回 ホリゾン ラインアップシステム展
▽会期=10月11日(木)〜13日(土)午前9時30分〜午後5時(最終日は午後4時まで)
▽会場=マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2-5)

関連記事

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

ホリゾン、第31回ラインアップシステム展 10月11日-13日 マイドームおおさか

2018年10月10日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ホリゾングループは10月11日から13日までの3日間、マイドームおおさか1階展示場において「第31回ホリゾンラインアップシステム展」を開催する。

 今回の見どころの1つは、小ロット生産やバリアブル生産に対応したデジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」。実演は、AFV-566F+TV-564F+BBS-40+EL-480+BBF-480+BQ-480/HT-30Cのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」

 小ロット・連続生産に長けた「Smart Binding System」は、ロール紙対応で仕上がりサイズに合わせた効率的な面付けを可能とする中小ロット向けの製本システム。ロール紙からスタートし、紙折機AFV-566DF Digitalでページの端数処理を実現するダイナミックフォールドを行い、BBS-40で折丁に仮糊付けを行いブックブロックにする。その後、今回の新商品である本身給冊装置BBF-480から製本機BQ-480へと自動投入され、製本、三方断裁までの流れを可能とする。同社では「製本機への自動投入など、効率化をさらに推し進めた今回の機器構成は、今後の製本市場に向けての可能性を十分に感じることのできる内容となっている」としており、同システムの実演は見逃せないものとなりそうだ。

 また、もう1つの見どころとなるのがデジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」である。実演は、TECNAU製シートカット装置+AS-30S+HIF-6000F+VAC-80S+SPF-30S+HTS-30Sのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」

 「Smart Stitching System」は、ロール紙対応でページ数や内容が毎回異なるバリアブル製本に対応した中小ロット向けの中綴じ製本システムである。ロール紙からスタートし、AS-30Sで前処理機から高速供給される用紙を集積して、次工程の鞍掛け中綴機に同期させ、タイミングよく用紙を送りStitchLiner6000Digitalで送られてきた用紙を筋入れ、折り、鞍掛け中綴じし、三方断裁で仕上げる。時間6,000冊(冊子の条件による)の処理速度を実現し、上流であるロール紙の巻き出しスピードを落とさずに効率的な生産が可能だ。

 今回の注目製品は次のとおり。

【StitchLiner MarkIII(ペラ丁合鞍掛け中綴製本システム)】
 多品種少量生産に対応するため、機械の調整を全自動化することでセット替えの時間を極限まで短縮。用紙搬送、筋入れ折り、針金長さの調整、冊子折り、断裁前の位置調整など、すべてにおいて精度、品質、効率が向上している。

 A4S綴じ冊子は最高6,000冊/時間、A4E綴じ冊子は最高5,300冊/時間で処理することが可能(製本速度は紙質や紙の厚さによって異なる)。

【VAC-L600H(自動丁合機 エアーロータ給紙タイプ)】
 ワイドな給紙棚を採用し、最大用紙サイズが大幅アップ。A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。幅350×長さ610mmまでの用紙の給紙を可能にしている。中綴じ製本システム「StitchLiner MarkIII、SPF-200L」と接続することで、A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。

【PJ-200(除電式紙揃機)】
 イオンとエアーで素早い除電・理想の紙揃えを実現する。静電気によるトラブルを正負イオンが低減する。

 サイズや厚さが異なる用紙を振動させ、美しくスピーディーに揃えることができる。正イオン・負イオンを含んだエアーにより、デジタルプリンターからの出力用紙や丁合などの後加工前の紙束を除電しながら素早くさばき、2枚差しや搬送トラブルを低減する。

【SmartSlitter(シートカット&クリーサ)】
 シートカットと同時に筋入れ・ミシン加工までワンパスで行うことが可能で、デジタル印刷の後処理に適している。

 新設計の高解像度のカラータッチパネルからの入力により、機械に不慣れなオペレーターでも簡単に操作できる。

【その他の出展機種】

▽Bind Zone
 新登場の4クランプ無線綴じ製本機BQ-480など、バリアブル製本、小ロット生産に適した製本機や断裁機のデモンストレーションを行う。

▽Stitch Zone
 StitchLiner6000 Digitalでは、オフセット印刷とデジタル印刷の両方の後加工中綴じ製本までの流れを、StitchLiner MarkIIIでは、丁合から中綴じ製本までの流れをデモンストレーションを通して提案する。

▽Fold Zone
 能書折から四六判半裁、菊判全判クラスの多品種の折に対応可能なオートセッティング機による折加工を紹介する。

▽Slit/Crease/Die-cut Zone
 シートカット装置SmartSlitterやロータリーダイカットシステムRD-4055など、デジタル印刷物の後処理に最適な装置をラインアップしてデモンストレーションを行う。

▽On Demand Zone
 デジタル印刷出力後の小ロット、多品種生産に最適なラインアップを体感できる。

【開催概要】
▽名称=第31回 ホリゾン ラインアップシステム展
▽会期=10月11日(木)〜13日(土)午前9時30分〜午後5時(最終日は午後4時まで)
▽会場=マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2-5)

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP