キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ホリゾン、第31回ラインアップシステム展 10月11日-13日 マ...

ホリゾン、第31回ラインアップシステム展 10月11日-13日 マイドームおおさか

2018年10月10日ニュース

 ホリゾングループは10月11日から13日までの3日間、マイドームおおさか1階展示場において「第31回ホリゾンラインアップシステム展」を開催する。

 今回の見どころの1つは、小ロット生産やバリアブル生産に対応したデジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」。実演は、AFV-566F+TV-564F+BBS-40+EL-480+BBF-480+BQ-480/HT-30Cのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」

 小ロット・連続生産に長けた「Smart Binding System」は、ロール紙対応で仕上がりサイズに合わせた効率的な面付けを可能とする中小ロット向けの製本システム。ロール紙からスタートし、紙折機AFV-566DF Digitalでページの端数処理を実現するダイナミックフォールドを行い、BBS-40で折丁に仮糊付けを行いブックブロックにする。その後、今回の新商品である本身給冊装置BBF-480から製本機BQ-480へと自動投入され、製本、三方断裁までの流れを可能とする。同社では「製本機への自動投入など、効率化をさらに推し進めた今回の機器構成は、今後の製本市場に向けての可能性を十分に感じることのできる内容となっている」としており、同システムの実演は見逃せないものとなりそうだ。

 また、もう1つの見どころとなるのがデジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」である。実演は、TECNAU製シートカット装置+AS-30S+HIF-6000F+VAC-80S+SPF-30S+HTS-30Sのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」

 「Smart Stitching System」は、ロール紙対応でページ数や内容が毎回異なるバリアブル製本に対応した中小ロット向けの中綴じ製本システムである。ロール紙からスタートし、AS-30Sで前処理機から高速供給される用紙を集積して、次工程の鞍掛け中綴機に同期させ、タイミングよく用紙を送りStitchLiner6000Digitalで送られてきた用紙を筋入れ、折り、鞍掛け中綴じし、三方断裁で仕上げる。時間6,000冊(冊子の条件による)の処理速度を実現し、上流であるロール紙の巻き出しスピードを落とさずに効率的な生産が可能だ。

 今回の注目製品は次のとおり。

【StitchLiner MarkIII(ペラ丁合鞍掛け中綴製本システム)】
 多品種少量生産に対応するため、機械の調整を全自動化することでセット替えの時間を極限まで短縮。用紙搬送、筋入れ折り、針金長さの調整、冊子折り、断裁前の位置調整など、すべてにおいて精度、品質、効率が向上している。

 A4S綴じ冊子は最高6,000冊/時間、A4E綴じ冊子は最高5,300冊/時間で処理することが可能(製本速度は紙質や紙の厚さによって異なる)。

【VAC-L600H(自動丁合機 エアーロータ給紙タイプ)】
 ワイドな給紙棚を採用し、最大用紙サイズが大幅アップ。A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。幅350×長さ610mmまでの用紙の給紙を可能にしている。中綴じ製本システム「StitchLiner MarkIII、SPF-200L」と接続することで、A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。

【PJ-200(除電式紙揃機)】
 イオンとエアーで素早い除電・理想の紙揃えを実現する。静電気によるトラブルを正負イオンが低減する。

 サイズや厚さが異なる用紙を振動させ、美しくスピーディーに揃えることができる。正イオン・負イオンを含んだエアーにより、デジタルプリンターからの出力用紙や丁合などの後加工前の紙束を除電しながら素早くさばき、2枚差しや搬送トラブルを低減する。

【SmartSlitter(シートカット&クリーサ)】
 シートカットと同時に筋入れ・ミシン加工までワンパスで行うことが可能で、デジタル印刷の後処理に適している。

 新設計の高解像度のカラータッチパネルからの入力により、機械に不慣れなオペレーターでも簡単に操作できる。

【その他の出展機種】

▽Bind Zone
 新登場の4クランプ無線綴じ製本機BQ-480など、バリアブル製本、小ロット生産に適した製本機や断裁機のデモンストレーションを行う。

▽Stitch Zone
 StitchLiner6000 Digitalでは、オフセット印刷とデジタル印刷の両方の後加工中綴じ製本までの流れを、StitchLiner MarkIIIでは、丁合から中綴じ製本までの流れをデモンストレーションを通して提案する。

▽Fold Zone
 能書折から四六判半裁、菊判全判クラスの多品種の折に対応可能なオートセッティング機による折加工を紹介する。

▽Slit/Crease/Die-cut Zone
 シートカット装置SmartSlitterやロータリーダイカットシステムRD-4055など、デジタル印刷物の後処理に最適な装置をラインアップしてデモンストレーションを行う。

▽On Demand Zone
 デジタル印刷出力後の小ロット、多品種生産に最適なラインアップを体感できる。

【開催概要】
▽名称=第31回 ホリゾン ラインアップシステム展
▽会期=10月11日(木)〜13日(土)午前9時30分〜午後5時(最終日は午後4時まで)
▽会場=マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2-5)

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

ホリゾン、第31回ラインアップシステム展 10月11日-13日 マイドームおおさか

2018年10月10日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ホリゾングループは10月11日から13日までの3日間、マイドームおおさか1階展示場において「第31回ホリゾンラインアップシステム展」を開催する。

 今回の見どころの1つは、小ロット生産やバリアブル生産に対応したデジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」。実演は、AFV-566F+TV-564F+BBS-40+EL-480+BBF-480+BQ-480/HT-30Cのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け製本システム「Smart Binding System」

 小ロット・連続生産に長けた「Smart Binding System」は、ロール紙対応で仕上がりサイズに合わせた効率的な面付けを可能とする中小ロット向けの製本システム。ロール紙からスタートし、紙折機AFV-566DF Digitalでページの端数処理を実現するダイナミックフォールドを行い、BBS-40で折丁に仮糊付けを行いブックブロックにする。その後、今回の新商品である本身給冊装置BBF-480から製本機BQ-480へと自動投入され、製本、三方断裁までの流れを可能とする。同社では「製本機への自動投入など、効率化をさらに推し進めた今回の機器構成は、今後の製本市場に向けての可能性を十分に感じることのできる内容となっている」としており、同システムの実演は見逃せないものとなりそうだ。

 また、もう1つの見どころとなるのがデジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」である。実演は、TECNAU製シートカット装置+AS-30S+HIF-6000F+VAC-80S+SPF-30S+HTS-30Sのシステムで紹介する。

デジタル印刷向け中綴じ製本システム「Smart StitchingSystem」

 「Smart Stitching System」は、ロール紙対応でページ数や内容が毎回異なるバリアブル製本に対応した中小ロット向けの中綴じ製本システムである。ロール紙からスタートし、AS-30Sで前処理機から高速供給される用紙を集積して、次工程の鞍掛け中綴機に同期させ、タイミングよく用紙を送りStitchLiner6000Digitalで送られてきた用紙を筋入れ、折り、鞍掛け中綴じし、三方断裁で仕上げる。時間6,000冊(冊子の条件による)の処理速度を実現し、上流であるロール紙の巻き出しスピードを落とさずに効率的な生産が可能だ。

 今回の注目製品は次のとおり。

【StitchLiner MarkIII(ペラ丁合鞍掛け中綴製本システム)】
 多品種少量生産に対応するため、機械の調整を全自動化することでセット替えの時間を極限まで短縮。用紙搬送、筋入れ折り、針金長さの調整、冊子折り、断裁前の位置調整など、すべてにおいて精度、品質、効率が向上している。

 A4S綴じ冊子は最高6,000冊/時間、A4E綴じ冊子は最高5,300冊/時間で処理することが可能(製本速度は紙質や紙の厚さによって異なる)。

【VAC-L600H(自動丁合機 エアーロータ給紙タイプ)】
 ワイドな給紙棚を採用し、最大用紙サイズが大幅アップ。A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。幅350×長さ610mmまでの用紙の給紙を可能にしている。中綴じ製本システム「StitchLiner MarkIII、SPF-200L」と接続することで、A4横本(E綴じ)の中綴じ製本が可能。

【PJ-200(除電式紙揃機)】
 イオンとエアーで素早い除電・理想の紙揃えを実現する。静電気によるトラブルを正負イオンが低減する。

 サイズや厚さが異なる用紙を振動させ、美しくスピーディーに揃えることができる。正イオン・負イオンを含んだエアーにより、デジタルプリンターからの出力用紙や丁合などの後加工前の紙束を除電しながら素早くさばき、2枚差しや搬送トラブルを低減する。

【SmartSlitter(シートカット&クリーサ)】
 シートカットと同時に筋入れ・ミシン加工までワンパスで行うことが可能で、デジタル印刷の後処理に適している。

 新設計の高解像度のカラータッチパネルからの入力により、機械に不慣れなオペレーターでも簡単に操作できる。

【その他の出展機種】

▽Bind Zone
 新登場の4クランプ無線綴じ製本機BQ-480など、バリアブル製本、小ロット生産に適した製本機や断裁機のデモンストレーションを行う。

▽Stitch Zone
 StitchLiner6000 Digitalでは、オフセット印刷とデジタル印刷の両方の後加工中綴じ製本までの流れを、StitchLiner MarkIIIでは、丁合から中綴じ製本までの流れをデモンストレーションを通して提案する。

▽Fold Zone
 能書折から四六判半裁、菊判全判クラスの多品種の折に対応可能なオートセッティング機による折加工を紹介する。

▽Slit/Crease/Die-cut Zone
 シートカット装置SmartSlitterやロータリーダイカットシステムRD-4055など、デジタル印刷物の後処理に最適な装置をラインアップしてデモンストレーションを行う。

▽On Demand Zone
 デジタル印刷出力後の小ロット、多品種生産に最適なラインアップを体感できる。

【開催概要】
▽名称=第31回 ホリゾン ラインアップシステム展
▽会期=10月11日(木)〜13日(土)午前9時30分〜午後5時(最終日は午後4時まで)
▽会場=マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2-5)

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP