キーワードで検索

富士フイルム、進化を遂げる「FUJIFILM Inkjet Technology」

「力強い品質」に評価 〜 SAMBAヘッドとインク技術

2018年11月21日製品・テクノロジー

「SAMBA」採用の輪転機

 IGAS2018で発表されたもうひとつのデジタルプレスが、富士ゼロックス製輪転インクジェットデジタルプレス「11000 Inkjet Press(仮称)」だ。ヘッドとインクは富士フイルム、用紙搬送やコントロール部分は富士ゼロックスが開発した。

11000 Inkjet Press(仮称)

 プレコートなしで印刷用コート紙に安定した印刷が可能で、1200×1200dpiの高解像度で最高80m/分(画質優先モードで50m/分)、1,200×600dpiの速度優先モードで150m/分の高速印字を実現予定。本番印刷前に高精度センサーにより画像のスジ・ムラを検知し、補正する調整印刷の機能を備えている。

 「従来の輪転タイプのインクジェットプレスは、主流が600dpiだったこともあり、『高速だが品質が...』という印象が否めないところで、対象業務も多くがトランザクション系に留まっていた。しかし今回の11000 Inkjet Press(仮称)は、1,200dpiの『SAMBA』ヘッドを搭載し、新開発インクにより、高速でもコート紙に安定した印刷が可能である。ようやく商業印刷分野をターゲットにできる輪転タイプのインクジェットプレスが誕生することになる」(石田部長)

 プリンタの品質向上により、前後のインラインシステムやワークフローコントローラーを付加することで、省人化、無人化、コスト削減が可能になる。そういうイメージを経営者が理解しやすい出力機と言えるだろう。

 IGAS2018では、来場者から「商業印刷分野で使える輪転インクジェットプレス」としての評価と期待の声があったという。とくに車のバンパーの反射具合や、メッシュ系の靴の蛍光色、また空と山(青と緑)など、あえて避けたい絵柄にチャレンジし、そこで評価を得た。またコミックにおいても、濃淡とグラデーションの再現性に高い評価を得たという。

 その品質について、宮城部長は「力強い」と表現する。

 「従来の輪転インクジェットプレスは、ダイナミックレンジが低く、鮮やかなフォトデータを印刷しても、どうしても浅くて眠たい品質になってしまっていた。11000 Inkjet Press(仮称)にはそれがなく、まさにJet Pressに迫る高精細で、かつ力強い印刷を可能にしている。輪転インクジェットプレスの品質の議論は、この11000 Inkjet Press(仮称)で終わりにできるのではないか。今後は、如何に活用するかに集中できるのではないか」(宮城部長)

先進の「SAMBAプリントヘッド」が高精細な描画を実現

 11000 Inkjet Press(仮称)の最大のポイントは、「SAMBA」ヘッドと新開発のインクのマッチングにある。プレコンディショナーを使わずにコート紙に直接印刷できるというのも、これら技術が寄与している。

 「議論の末、輪転インクジェットプレスでは、プレコンディショナーを使用せずに、1液とすることを決めていた。このため、これまでの常識では、ヘッドの表面で固化して、ノズルが詰まってしまう程、乾燥性能を高めた水性インクを新開発した。インクが吐出するギリギリのところまで、常にインクを循環させる『RediJet技術』を採用した『SAMBA』ヘッドだからこそ、実現した処方で、このヘッドとインクのインテグレーションには絶対の自信がある」(宮城部長)

 一方、石田部長は、同機に搭載されている富士ゼロックスのGX Print Serverにも注目を促している。

 このGX Print Serverは、他の輪転モデルやトナー機の「Iridesse Production Press」に搭載されている内製プリントサーバーのRIP処理能力を高めた拡張版で、高解像度画質での高速処理を実現する。「今後、トランザクション系でもクオリティの高い通知物にはデータ可変へのニーズが高まる可能性がある。そういう時にも追随できる」(石田部長)

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

富士フイルム、進化を遂げる「FUJIFILM Inkjet Technology」

「力強い品質」に評価 〜 SAMBAヘッドとインク技術

2018年11月21日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

「SAMBA」採用の輪転機

 IGAS2018で発表されたもうひとつのデジタルプレスが、富士ゼロックス製輪転インクジェットデジタルプレス「11000 Inkjet Press(仮称)」だ。ヘッドとインクは富士フイルム、用紙搬送やコントロール部分は富士ゼロックスが開発した。

11000 Inkjet Press(仮称)

 プレコートなしで印刷用コート紙に安定した印刷が可能で、1200×1200dpiの高解像度で最高80m/分(画質優先モードで50m/分)、1,200×600dpiの速度優先モードで150m/分の高速印字を実現予定。本番印刷前に高精度センサーにより画像のスジ・ムラを検知し、補正する調整印刷の機能を備えている。

 「従来の輪転タイプのインクジェットプレスは、主流が600dpiだったこともあり、『高速だが品質が...』という印象が否めないところで、対象業務も多くがトランザクション系に留まっていた。しかし今回の11000 Inkjet Press(仮称)は、1,200dpiの『SAMBA』ヘッドを搭載し、新開発インクにより、高速でもコート紙に安定した印刷が可能である。ようやく商業印刷分野をターゲットにできる輪転タイプのインクジェットプレスが誕生することになる」(石田部長)

 プリンタの品質向上により、前後のインラインシステムやワークフローコントローラーを付加することで、省人化、無人化、コスト削減が可能になる。そういうイメージを経営者が理解しやすい出力機と言えるだろう。

 IGAS2018では、来場者から「商業印刷分野で使える輪転インクジェットプレス」としての評価と期待の声があったという。とくに車のバンパーの反射具合や、メッシュ系の靴の蛍光色、また空と山(青と緑)など、あえて避けたい絵柄にチャレンジし、そこで評価を得た。またコミックにおいても、濃淡とグラデーションの再現性に高い評価を得たという。

 その品質について、宮城部長は「力強い」と表現する。

 「従来の輪転インクジェットプレスは、ダイナミックレンジが低く、鮮やかなフォトデータを印刷しても、どうしても浅くて眠たい品質になってしまっていた。11000 Inkjet Press(仮称)にはそれがなく、まさにJet Pressに迫る高精細で、かつ力強い印刷を可能にしている。輪転インクジェットプレスの品質の議論は、この11000 Inkjet Press(仮称)で終わりにできるのではないか。今後は、如何に活用するかに集中できるのではないか」(宮城部長)

先進の「SAMBAプリントヘッド」が高精細な描画を実現

 11000 Inkjet Press(仮称)の最大のポイントは、「SAMBA」ヘッドと新開発のインクのマッチングにある。プレコンディショナーを使わずにコート紙に直接印刷できるというのも、これら技術が寄与している。

 「議論の末、輪転インクジェットプレスでは、プレコンディショナーを使用せずに、1液とすることを決めていた。このため、これまでの常識では、ヘッドの表面で固化して、ノズルが詰まってしまう程、乾燥性能を高めた水性インクを新開発した。インクが吐出するギリギリのところまで、常にインクを循環させる『RediJet技術』を採用した『SAMBA』ヘッドだからこそ、実現した処方で、このヘッドとインクのインテグレーションには絶対の自信がある」(宮城部長)

 一方、石田部長は、同機に搭載されている富士ゼロックスのGX Print Serverにも注目を促している。

 このGX Print Serverは、他の輪転モデルやトナー機の「Iridesse Production Press」に搭載されている内製プリントサーバーのRIP処理能力を高めた拡張版で、高解像度画質での高速処理を実現する。「今後、トランザクション系でもクオリティの高い通知物にはデータ可変へのニーズが高まる可能性がある。そういう時にも追随できる」(石田部長)

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP