キーワードで検索

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

AGVを活用した枚葉印刷中綴じ製本ライン

 枚葉印刷からの中綴じ製本ラインとして2つのデモが実施されていた。

 まずひとつは、SCREENの「EQUIOS」から出力されたA4版(16頁)横見開き(ランドスケープ)の面付データとJDFを元に「AccurioPress C6100」で自動両面長尺印刷を行い、ホリゾンのペラ丁合鞍掛け中綴じ製本システム「StitchLiner MarkIII」で中綴じ製本する流れ。
AccurioPress C6100
A4横見開き(ランドスケープ)を自動両面長尺印刷
 もうひとつは、「EQUIOS」で面付けされた菊全サイズのデータを「Proof Jet F1100AQ」で色校正を行い、校了後のデータを刷版出力。リョービMHIグラフィックテクノロジーの枚葉印刷機9シリーズで印刷し、排紙デリバリからAGVがホリゾンのFold Linerへ自動搬送、中綴じ製本完成させるという流れ。
排紙デリバリ(モックアップ)からAGVがホリゾンのFold Linerへ自動搬送
 会場では、排紙部に見立てたモックアップに印刷済みのパレットをあらかじめセット。この印刷された用紙には、印刷中にすべて給紙部でQRコード(データマトリクス)が印字され、識別番号が付与されている。品質検査装置「PQS-D」でこのQRコードの情報を元に印刷用紙にOK、NGの情報を追加。印刷完了後、印刷機のオペレーションコンソールからAGVへ刷了の信号が送られ、AGVは排紙部の印刷物をFold Liner側へ自動搬送するとともに、印刷用紙1枚1枚がOKかNGかの情報を送信。NGシートは三方断裁前にリジェクトされる。

2Dコード活用のロール給紙折加工ライン

 世界初出品(静態展示)となるSCREENの高速連帳フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520HD AD」の印刷サンプルを使用したロール給紙折加工ラインの実演が披露された。
ロール給紙折加工ライン
 フンケラーのアンワインダー「UW6」とカッター「CS6-HS」にホリゾンの2台の紙折機「AFV-566DF/TV-564F」とプレスカッター「PSX-56」で構成。実演では、「CS6-HS」で読み取ったジョブ情報(二次元コード)に基づき、折型、カット長を自動でセットし、複数の折パンフレットを連続生産する工程を披露した。
帯掛け仕上げでデモが完了
 折られたパンフレットは、紙折機でセンターカットとエッジトリムを行い、プレスカッターで折り部の膨らみを抑制。その後、設定された枚数やジョブごとに帯掛けされた状態で排紙コンベアー上に送られる。また、ロール給紙で特徴的な運用として、ダイナミックホールド機能も紹介。同機能は、異なる2種類のシート長に対して、それぞれ異なる折加工を行うことが可能となっている。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

AGVを活用した枚葉印刷中綴じ製本ライン

 枚葉印刷からの中綴じ製本ラインとして2つのデモが実施されていた。

 まずひとつは、SCREENの「EQUIOS」から出力されたA4版(16頁)横見開き(ランドスケープ)の面付データとJDFを元に「AccurioPress C6100」で自動両面長尺印刷を行い、ホリゾンのペラ丁合鞍掛け中綴じ製本システム「StitchLiner MarkIII」で中綴じ製本する流れ。
AccurioPress C6100
A4横見開き(ランドスケープ)を自動両面長尺印刷
 もうひとつは、「EQUIOS」で面付けされた菊全サイズのデータを「Proof Jet F1100AQ」で色校正を行い、校了後のデータを刷版出力。リョービMHIグラフィックテクノロジーの枚葉印刷機9シリーズで印刷し、排紙デリバリからAGVがホリゾンのFold Linerへ自動搬送、中綴じ製本完成させるという流れ。
排紙デリバリ(モックアップ)からAGVがホリゾンのFold Linerへ自動搬送
 会場では、排紙部に見立てたモックアップに印刷済みのパレットをあらかじめセット。この印刷された用紙には、印刷中にすべて給紙部でQRコード(データマトリクス)が印字され、識別番号が付与されている。品質検査装置「PQS-D」でこのQRコードの情報を元に印刷用紙にOK、NGの情報を追加。印刷完了後、印刷機のオペレーションコンソールからAGVへ刷了の信号が送られ、AGVは排紙部の印刷物をFold Liner側へ自動搬送するとともに、印刷用紙1枚1枚がOKかNGかの情報を送信。NGシートは三方断裁前にリジェクトされる。

2Dコード活用のロール給紙折加工ライン

 世界初出品(静態展示)となるSCREENの高速連帳フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520HD AD」の印刷サンプルを使用したロール給紙折加工ラインの実演が披露された。
ロール給紙折加工ライン
 フンケラーのアンワインダー「UW6」とカッター「CS6-HS」にホリゾンの2台の紙折機「AFV-566DF/TV-564F」とプレスカッター「PSX-56」で構成。実演では、「CS6-HS」で読み取ったジョブ情報(二次元コード)に基づき、折型、カット長を自動でセットし、複数の折パンフレットを連続生産する工程を披露した。
帯掛け仕上げでデモが完了
 折られたパンフレットは、紙折機でセンターカットとエッジトリムを行い、プレスカッターで折り部の膨らみを抑制。その後、設定された枚数やジョブごとに帯掛けされた状態で排紙コンベアー上に送られる。また、ロール給紙で特徴的な運用として、ダイナミックホールド機能も紹介。同機能は、異なる2種類のシート長に対して、それぞれ異なる折加工を行うことが可能となっている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP