キーワードで検索

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっている。

 総出荷額・従業員数ともに減少傾向にある印刷業界も同様だ。プリプレス工程のファクトリーオートメーション化を推し進めるニシカワグループの西川誠一社長は、「属人的要素の強い現在の印刷業界にあって、熟練労働者の高齢化、技能の継承問題、外国人実習生雇用の限界など、中長期的な経営課題である『人手不足』の解決が急務である」と警鐘を鳴らしている。

 一方、顧客ニーズが多様化する中、印刷物の多品種・小ロット化の流れは止まらない。印刷会社は、その小ロットジョブを「如何に効率良く処理し、コスト競争力を維持しながらニーズに応えていくか」という課題への対応も迫られている。

 これら現状の打開策として提唱されている考え方が「印刷業界のデジタルトランスフォーメーション」である。これを踏まえ、メーカー・ベンダー各社からも「IoTやAIの技術で機器や工程間をつなぎ、印刷工程全体の自動化、省力化を高度なレベルで実現する」、いわゆる印刷工場の「スマートファクトリー化」という将来像が提唱され、その足掛かりとなるソリューションも具体化されつつある。

 そんな中、スマートファクトリーを体感できる業界イベント「THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO」が11⽉11⽇から13日の3日間、京都の「みやこめっせ(京都市勧業館)」で開催され、3,034名が来場。うち海外から479名を数え、国際展としての様相を呈した。

開催初日から多くの来場者で賑わう会場

 同イベントを主催するTSF2019実行委員会は、ホリゾン・インターナショナル、キヤノンマーケティングジャパン、ダックエンジニアリング、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、グーフ、日本HP、Hunkeler AG、J SPIRITS、コニカミノルタジャパン、レゾロジック、リコージャパン、リョービMHIグラフィックテクノロジー、SCREENグラフィックソリューションズ、TECNAUで構成。昨年のIGAS2018で試みた「スマートファクトリーゾーン」を拡張する形で企画されたものだ。

 今回も設置された「スマートファクトリーゾーン」では、印刷業界で成功をおさめる国内外の事例紹介や、マーケットリーダーによる近未来像の紹介など、スマートファクトリーの実現に向けた全16セッションが用意された。

メインステージでは、見どころを紹介する9種類のプレゼンテーションを実施

 また、展示では「Connected」をキーワードに、会場内全体をJDFやMISを介したワークフローで繋ぎ、自動搬送車やロボット等も物理的な省人化として取り入れながら、その実稼働を通して「スマートファクトリー」を体感できる環境を提示した。

 最新器機が一堂に会する展示会場には、「インクジェット連帳中綴じ製本ライン」「自動中綴じ折り製本ライン」「枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」「インクジェット連帳高速無線綴じ製本ライン」「インクジェット連帳インライン無線綴じ製本ライン」「枚葉中綴じ製本ライン」「ロボットシステム連動枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」「インクジェット連帳折り加工ライン」などが設置され、会期中は各出力機と後加工機が連動した数々のデモンストレーションを随所で展開。印刷産業の近未来を示唆する「スマートファクトリー」への道が提示された。

関連記事

新着トピックス

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

dp_hp_ indigo_100k_p_tn.jpg

日本HP、革新技術を搭載した次世代モデルを市場投入

2020年6月9日製品・テクノロジー

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は4月9日開催の新製品発表会において、印刷業界における「アナログtoデジタル」を支援するデジタル印刷機10機種を発表した。今回、その中...全文を読む

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっている。

 総出荷額・従業員数ともに減少傾向にある印刷業界も同様だ。プリプレス工程のファクトリーオートメーション化を推し進めるニシカワグループの西川誠一社長は、「属人的要素の強い現在の印刷業界にあって、熟練労働者の高齢化、技能の継承問題、外国人実習生雇用の限界など、中長期的な経営課題である『人手不足』の解決が急務である」と警鐘を鳴らしている。

 一方、顧客ニーズが多様化する中、印刷物の多品種・小ロット化の流れは止まらない。印刷会社は、その小ロットジョブを「如何に効率良く処理し、コスト競争力を維持しながらニーズに応えていくか」という課題への対応も迫られている。

 これら現状の打開策として提唱されている考え方が「印刷業界のデジタルトランスフォーメーション」である。これを踏まえ、メーカー・ベンダー各社からも「IoTやAIの技術で機器や工程間をつなぎ、印刷工程全体の自動化、省力化を高度なレベルで実現する」、いわゆる印刷工場の「スマートファクトリー化」という将来像が提唱され、その足掛かりとなるソリューションも具体化されつつある。

 そんな中、スマートファクトリーを体感できる業界イベント「THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO」が11⽉11⽇から13日の3日間、京都の「みやこめっせ(京都市勧業館)」で開催され、3,034名が来場。うち海外から479名を数え、国際展としての様相を呈した。

開催初日から多くの来場者で賑わう会場

 同イベントを主催するTSF2019実行委員会は、ホリゾン・インターナショナル、キヤノンマーケティングジャパン、ダックエンジニアリング、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、グーフ、日本HP、Hunkeler AG、J SPIRITS、コニカミノルタジャパン、レゾロジック、リコージャパン、リョービMHIグラフィックテクノロジー、SCREENグラフィックソリューションズ、TECNAUで構成。昨年のIGAS2018で試みた「スマートファクトリーゾーン」を拡張する形で企画されたものだ。

 今回も設置された「スマートファクトリーゾーン」では、印刷業界で成功をおさめる国内外の事例紹介や、マーケットリーダーによる近未来像の紹介など、スマートファクトリーの実現に向けた全16セッションが用意された。

メインステージでは、見どころを紹介する9種類のプレゼンテーションを実施

 また、展示では「Connected」をキーワードに、会場内全体をJDFやMISを介したワークフローで繋ぎ、自動搬送車やロボット等も物理的な省人化として取り入れながら、その実稼働を通して「スマートファクトリー」を体感できる環境を提示した。

 最新器機が一堂に会する展示会場には、「インクジェット連帳中綴じ製本ライン」「自動中綴じ折り製本ライン」「枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」「インクジェット連帳高速無線綴じ製本ライン」「インクジェット連帳インライン無線綴じ製本ライン」「枚葉中綴じ製本ライン」「ロボットシステム連動枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」「インクジェット連帳折り加工ライン」などが設置され、会期中は各出力機と後加工機が連動した数々のデモンストレーションを随所で展開。印刷産業の近未来を示唆する「スマートファクトリー」への道が提示された。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP