キーワードで検索

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

J SPIRITS、MISからJDFで各印刷機に指示

 J SPIRITSは「連携」をテーマに出展。ブースでは、レゾロジックのカスタマーからの受注情報をMISの印刷業基幹業務管理システム「PrintSapiens」により製品別にSCREENやリコー、キヤノンなどの印刷機にJDFで指示を出し、最後にホリゾンで加工した完成品の作業実績を戻してもらい、その製品の工程毎の情報を「見える化」する実演を行い、ワークフローの重要性を訴えた。
印刷業基幹業務管理システム「PrintSapiens」の新機能をアピールする竹井氏
 また、メインステージで行われたプレゼンテーションにも参加。PrintSapiensからコニカミノルタのB2枚葉インクジェットデジタル印刷機「AccurioJet KM-1」にJDFで指示を出し、ホリゾンの後加工機をニアラインで連携したシートカット装置連動無線綴じ製本を行うというラインの実演に協力した。プレゼンテーションのライブデモで同社の竹井氏は、TSF2019でリリースしたPrintSapiensの新機能を紹介し、同社ブースへの来場を呼び掛けていた。

DAC、全体可変図柄の高速品質検査を実演

 ダックエンジニアリングは、小型枚葉印刷検査装置「FENIX」による全体可変図柄の高速品質検査を実演した。

 取り扱いしやすい卓上型のシステムで、オフライン搬送機にて、部分的な可変印字検査だけでなく、最新特殊光学系Coco!(ココ)センサーにて品質検査を行う。
図柄全体が異なる卓上カレンダーを高速品質検査する小型枚葉印刷検査装置「FENIX」
 会期中は、図柄全体が異なる1月から12月までの卓上型カレンダーを高速品質検査する実演が行われていた。

Railway Explorer Party

 会期2日目の12日午後6時から、京都鉄道博物館において「Railway Explorer Party」を開催。国内外の来場者およそ500名が参加した。
京都鉄道博物館の見学前に開催されたウェルカムレセプション
 見学前に行われたウェルカムレセプションでは、ホリゾンインターナショナル(株)の堀英二郎社長、ホリゾン・ジャパン(株)の宮﨑進社長が多数の参加者に歓迎の挨拶。このあと、希望者は鉄道博物館を熟知する専属ガイドによるガイドツアー、京都の四季折々の映像と鉄道模型のコラボレーションによる鉄道ジオラマ、運転士が実際に訓練で使用する運転シミュレーターの体験などを楽しんだ。

 レストランではビュッフェスタイルの食事が用意されたほか、スカイテラスではアルコールも用意され、参加者は京都の夜景と列車を楽しんだ。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

J SPIRITS、MISからJDFで各印刷機に指示

 J SPIRITSは「連携」をテーマに出展。ブースでは、レゾロジックのカスタマーからの受注情報をMISの印刷業基幹業務管理システム「PrintSapiens」により製品別にSCREENやリコー、キヤノンなどの印刷機にJDFで指示を出し、最後にホリゾンで加工した完成品の作業実績を戻してもらい、その製品の工程毎の情報を「見える化」する実演を行い、ワークフローの重要性を訴えた。
印刷業基幹業務管理システム「PrintSapiens」の新機能をアピールする竹井氏
 また、メインステージで行われたプレゼンテーションにも参加。PrintSapiensからコニカミノルタのB2枚葉インクジェットデジタル印刷機「AccurioJet KM-1」にJDFで指示を出し、ホリゾンの後加工機をニアラインで連携したシートカット装置連動無線綴じ製本を行うというラインの実演に協力した。プレゼンテーションのライブデモで同社の竹井氏は、TSF2019でリリースしたPrintSapiensの新機能を紹介し、同社ブースへの来場を呼び掛けていた。

DAC、全体可変図柄の高速品質検査を実演

 ダックエンジニアリングは、小型枚葉印刷検査装置「FENIX」による全体可変図柄の高速品質検査を実演した。

 取り扱いしやすい卓上型のシステムで、オフライン搬送機にて、部分的な可変印字検査だけでなく、最新特殊光学系Coco!(ココ)センサーにて品質検査を行う。
図柄全体が異なる卓上カレンダーを高速品質検査する小型枚葉印刷検査装置「FENIX」
 会期中は、図柄全体が異なる1月から12月までの卓上型カレンダーを高速品質検査する実演が行われていた。

Railway Explorer Party

 会期2日目の12日午後6時から、京都鉄道博物館において「Railway Explorer Party」を開催。国内外の来場者およそ500名が参加した。
京都鉄道博物館の見学前に開催されたウェルカムレセプション
 見学前に行われたウェルカムレセプションでは、ホリゾンインターナショナル(株)の堀英二郎社長、ホリゾン・ジャパン(株)の宮﨑進社長が多数の参加者に歓迎の挨拶。このあと、希望者は鉄道博物館を熟知する専属ガイドによるガイドツアー、京都の四季折々の映像と鉄道模型のコラボレーションによる鉄道ジオラマ、運転士が実際に訓練で使用する運転シミュレーターの体験などを楽しんだ。

 レストランではビュッフェスタイルの食事が用意されたほか、スカイテラスではアルコールも用意され、参加者は京都の夜景と列車を楽しんだ。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP