キーワードで検索

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

ロボット連動枚葉デジタル無線綴じライン

 ロボットシステム連動枚葉デジタル無線綴じ製本ラインは、ロボットや給紙装置を連動させ、無線綴じ製本、三方断裁をインライン接続しながら無線綴じ製本の完全自動化を目指すもの。レゾロジックのWeb to Print受発注ワークフローシステム「Edition PriBiz」で受注したデータをキヤノンの工程管理支援システム「Production Print Flow Manager」が受け取り、表紙のジョブを「imagePRESS C910」、本身のジョブを「varioPRINT 140」に投げ分け、その印刷物をホリゾンのオフラインフィーダー「HOF-400」に積載し、1冊ずつのブックブロックを作成。そのブックブロックを協働ロボットが掴んで無線綴じ機「BQ-270V」に自動で投入する。「BQ-270V」はブックブロックの厚みを計測し、瞬時に機器設定を行うとともに、ブックブロックに印刷されたバーコードを読み取って表紙と本身をマッチング。それを無線綴じ製本した後、そのままインライン接続された「HT-300」で三方断裁し、最終のブックを完成させるという流れ。
協働ロボットがブックブロックを掴んで無線綴じ機「BQ-270V」に自動投入
 なお、新製品の「HT-300」には、バリアブル断裁に加え、フラップカバー断裁機能が新たな機能として追加されている。

リコー、腰の負担軽減するパワースーツ提案

 リコージャパンは、作業現場における腰部の負担を軽減するパワースーツを提案した。

 腰の動きをセンサーが捉え、パワフルなモーターの力で重量物を持った時にかかる腰部の負担を軽減するもの。屈伸運動が長時間続く作業や、中腰姿勢の維持を長時間要する作業時の腰部の負荷を軽減する。面倒なセンサーの取り付けなどは不要で、バックパックのように着用してスイッチを入れるだけ。同スーツを導入すれば、現場の働き方改革推進、高齢者や女性などでも身体的負担が軽減されることによる人手不足の解消、また作業効率向上による生産性向上などの効果を得ることができる。
パワフルなモーターの力により、重量物を持ったときにかかる腰部の負担を軽減する
 会場では、女性社員が同スーツを着用し、リコー製の自動搬送機(AGV)に荷物を身体的負担なく積み降ろしする実演が行われていた。

B2枚葉IJ機と連携した無線綴じ製本ライン

 コニカミノルタのB2枚葉インクジェットデジタル印刷機「AccurioJet KM-1」とホリゾンの後加工機をニアラインで連携したシートカット装置連動無線綴じ製本ラインが公開された。
B2枚葉デジタル印刷機としては唯一の出品となったAccrioJet KM-1
 実演は、A4版(24頁)とA5版(36頁)の無線綴じ製本仕上げジョブをJ SPIRITSの業務基幹システム「PrintSapiens」からのJDFを元に、SCREENの「EQUIOS」で面付・製版処理したデータを「KM-1」で印刷し、ホリゾンのシートカット装置「SmartStacker」と自動無線綴機「BQ-480」バリアブル三方断裁機「HT-1000V」で構成されるシートカット装置連動無線綴じ製本ラインで仕上げを行うもの。印刷物には、ジョブ情報が印字されており、後加工機側では、そのジョブ情報を読み込んで、指示通りに自動でセット変更を行いながらA4版とA5版の無線綴じ製本加工を実行した。

ロール給紙高速無線綴じ製本ライン

 富士ゼロックスの「Production Cockpit」でグルーピングされたデータが、本身印刷を行う「11000Inkjet Press」、そして表紙印刷を行う「Iridesse Production Press」に自動的に振り分けられて印刷。本身印刷されたロール紙は、ニアライン連携された太陽機械製作所の「ブックブロックスタッカー」で1冊ごとのブックブロックに集積され、ホリゾンのスマートバインディングシステムへ。9クランプ無線綴じ機「SB-09VF」で表紙をあわせて製本し、「HT-1000V」で版型にあわせたバリアブル断裁を行うという流れ。
厚みバリアブルにも対応
 会場では、事前に用意されたロール紙と6種類の表紙を使い、A5サイズの同人誌を、トラッキングを行いながら最高3000冊/時の高速無線綴じ製本が実演されていた。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

スマートファクトリーへの道を提示〜3,034名が来場、うち海外から479名

2019年11月18日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

ロボット連動枚葉デジタル無線綴じライン

 ロボットシステム連動枚葉デジタル無線綴じ製本ラインは、ロボットや給紙装置を連動させ、無線綴じ製本、三方断裁をインライン接続しながら無線綴じ製本の完全自動化を目指すもの。レゾロジックのWeb to Print受発注ワークフローシステム「Edition PriBiz」で受注したデータをキヤノンの工程管理支援システム「Production Print Flow Manager」が受け取り、表紙のジョブを「imagePRESS C910」、本身のジョブを「varioPRINT 140」に投げ分け、その印刷物をホリゾンのオフラインフィーダー「HOF-400」に積載し、1冊ずつのブックブロックを作成。そのブックブロックを協働ロボットが掴んで無線綴じ機「BQ-270V」に自動で投入する。「BQ-270V」はブックブロックの厚みを計測し、瞬時に機器設定を行うとともに、ブックブロックに印刷されたバーコードを読み取って表紙と本身をマッチング。それを無線綴じ製本した後、そのままインライン接続された「HT-300」で三方断裁し、最終のブックを完成させるという流れ。
協働ロボットがブックブロックを掴んで無線綴じ機「BQ-270V」に自動投入
 なお、新製品の「HT-300」には、バリアブル断裁に加え、フラップカバー断裁機能が新たな機能として追加されている。

リコー、腰の負担軽減するパワースーツ提案

 リコージャパンは、作業現場における腰部の負担を軽減するパワースーツを提案した。

 腰の動きをセンサーが捉え、パワフルなモーターの力で重量物を持った時にかかる腰部の負担を軽減するもの。屈伸運動が長時間続く作業や、中腰姿勢の維持を長時間要する作業時の腰部の負荷を軽減する。面倒なセンサーの取り付けなどは不要で、バックパックのように着用してスイッチを入れるだけ。同スーツを導入すれば、現場の働き方改革推進、高齢者や女性などでも身体的負担が軽減されることによる人手不足の解消、また作業効率向上による生産性向上などの効果を得ることができる。
パワフルなモーターの力により、重量物を持ったときにかかる腰部の負担を軽減する
 会場では、女性社員が同スーツを着用し、リコー製の自動搬送機(AGV)に荷物を身体的負担なく積み降ろしする実演が行われていた。

B2枚葉IJ機と連携した無線綴じ製本ライン

 コニカミノルタのB2枚葉インクジェットデジタル印刷機「AccurioJet KM-1」とホリゾンの後加工機をニアラインで連携したシートカット装置連動無線綴じ製本ラインが公開された。
B2枚葉デジタル印刷機としては唯一の出品となったAccrioJet KM-1
 実演は、A4版(24頁)とA5版(36頁)の無線綴じ製本仕上げジョブをJ SPIRITSの業務基幹システム「PrintSapiens」からのJDFを元に、SCREENの「EQUIOS」で面付・製版処理したデータを「KM-1」で印刷し、ホリゾンのシートカット装置「SmartStacker」と自動無線綴機「BQ-480」バリアブル三方断裁機「HT-1000V」で構成されるシートカット装置連動無線綴じ製本ラインで仕上げを行うもの。印刷物には、ジョブ情報が印字されており、後加工機側では、そのジョブ情報を読み込んで、指示通りに自動でセット変更を行いながらA4版とA5版の無線綴じ製本加工を実行した。

ロール給紙高速無線綴じ製本ライン

 富士ゼロックスの「Production Cockpit」でグルーピングされたデータが、本身印刷を行う「11000Inkjet Press」、そして表紙印刷を行う「Iridesse Production Press」に自動的に振り分けられて印刷。本身印刷されたロール紙は、ニアライン連携された太陽機械製作所の「ブックブロックスタッカー」で1冊ごとのブックブロックに集積され、ホリゾンのスマートバインディングシステムへ。9クランプ無線綴じ機「SB-09VF」で表紙をあわせて製本し、「HT-1000V」で版型にあわせたバリアブル断裁を行うという流れ。
厚みバリアブルにも対応
 会場では、事前に用意されたロール紙と6種類の表紙を使い、A5サイズの同人誌を、トラッキングを行いながら最高3000冊/時の高速無線綴じ製本が実演されていた。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP