キーワードで検索

  • トップ>
  • 企業・経営>
  • コニカミノルタジャパン、情報発信コミュニケーションスペース「DIS...

コニカミノルタジャパン、情報発信コミュニケーションスペース「DIS」

実践事例で課題解決へ〜顧客と共に新ビジネスを創出

2020年12月17日企業・経営

 先進の印刷ソリューションを体感でき、顧客と新たなビジネスモデルを、ともに創出することを目指して開設された「デジタルイメージングスクエア(Digital Imaging Square、以下、『DIS』)」は、コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)が運営するプロダクションプリント向けショールームだ。DISは、様々な自社実践事例やユーザー事例をもとに高度な専門性を有したスタッフが顧客の課題に取り組み、問題解決や新たな価値を探求し、「共に印刷の未来を創る」情報発信コミュニケーションスペースとして位置付けられている。
左から松﨑氏、雲開氏、木下氏、森氏
 DISは、2007年にプロダクションプリントに特化した体験型ショールームとして、東京・品川に開設。以来、印刷ソリューションのあらゆる情報を発信する拠点として、多くの顧客が来場している。

 2014年には、現在の浜松町への本社移転に合わせ、コニカミノルタグループが取り扱う商品、オフィス向けソリューションを展示する「WIL(Workstyle InnovationLabo)」と併設するWIL&DISとして、約1,250平米(DIS約850平米)という広大な面積でリニューアルオープンしている。

 WILは、コニカミノルタの製品やサービスを展示している総合ショールーム。各種複合機などを実際に利用して、ネットワークやクラウドを多用したビジネスソリューションを体感できる「ソリューションコア」を中心に、展示スペースやオフィスエリア、商談スペース、大型セミナールーム、会議室を併設した企業の顔となる複合施設となっている。

 近年では、働き方改革を推進・実践するための同社独自のソリューション「いいじかん設計」などをはじめ、快適なオフィス環境を提案する様々な製品・サービスも紹介している。

業種を問わず最適なオフィス環境を提案

 WIL&DISの責任者である雲開博文氏は、「DISにプロダクションプリント機目的で訪れたお客様もWILを見学頂くことで、どの企業にも存在するオフィス環境の課題について、気づかれることも多い」と、話す。
WILでオフィスの最適化を提案
 WILは、すべての業種を対象にワークスタイルデザインの提案、そして安心と信頼のためのコミュニケーションやサービスの提供など、多岐に渡る事業内容をリンクさせた体感型ショールームであると説明する。

 コロナ禍の現在は、検温チェックおよびマスクを着用することで利用することができる。また、従来の首にかけるゲストストラップを廃止し、同社の「AccurioPressシリーズ」で印刷可能な不織布ラベルのゲストステッカーを採用。さらに、商談ルームや、プロダクションプリンタのタッチパネルにも同社の製品サービスでもある「タッチセーフティ」で抗菌加工を施し、来場者の感染拡大防止に努めている。

新着トピックス

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

taiyop_jetimira_tn.jpg

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

2021年4月9日ケーススタディ

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り...全文を読む

最新ニュース

dp_insatubito_tn.jpg

中本本店、新たな印刷サービス「インサツビト」開始

2021年5月26日

 (株)中本本店(広島県広島市、中本俊之社長)は、5月25日より新しいタイプの印刷サービス「インサツビト」を開始した。  「インサツビト」は、印刷の国家技能検定一級を持つ印刷技能士やデ...全文を読む

dp_ricoh pro z75_tn.jpg

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。...全文を読む

dp_compas_tn.jpg

リコージャパン、情報発信サイト「Print Compass」でユポ×PODの活用事例を公開中

2021年5月21日

 リコージャパン(株)は、顧客である印刷業と共に創る未来に向けて、「Compass=方向を示す羅針盤」になる情報発信を行うサイト「Print Compass」で展開している「売上アップ...全文を読む

コニカミノルタジャパン、情報発信コミュニケーションスペース「DIS」

実践事例で課題解決へ〜顧客と共に新ビジネスを創出

2020年12月17日企業・経営

  • twitter
  • facebook
  • line

 先進の印刷ソリューションを体感でき、顧客と新たなビジネスモデルを、ともに創出することを目指して開設された「デジタルイメージングスクエア(Digital Imaging Square、以下、『DIS』)」は、コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)が運営するプロダクションプリント向けショールームだ。DISは、様々な自社実践事例やユーザー事例をもとに高度な専門性を有したスタッフが顧客の課題に取り組み、問題解決や新たな価値を探求し、「共に印刷の未来を創る」情報発信コミュニケーションスペースとして位置付けられている。
左から松﨑氏、雲開氏、木下氏、森氏
 DISは、2007年にプロダクションプリントに特化した体験型ショールームとして、東京・品川に開設。以来、印刷ソリューションのあらゆる情報を発信する拠点として、多くの顧客が来場している。

 2014年には、現在の浜松町への本社移転に合わせ、コニカミノルタグループが取り扱う商品、オフィス向けソリューションを展示する「WIL(Workstyle InnovationLabo)」と併設するWIL&DISとして、約1,250平米(DIS約850平米)という広大な面積でリニューアルオープンしている。

 WILは、コニカミノルタの製品やサービスを展示している総合ショールーム。各種複合機などを実際に利用して、ネットワークやクラウドを多用したビジネスソリューションを体感できる「ソリューションコア」を中心に、展示スペースやオフィスエリア、商談スペース、大型セミナールーム、会議室を併設した企業の顔となる複合施設となっている。

 近年では、働き方改革を推進・実践するための同社独自のソリューション「いいじかん設計」などをはじめ、快適なオフィス環境を提案する様々な製品・サービスも紹介している。

業種を問わず最適なオフィス環境を提案

 WIL&DISの責任者である雲開博文氏は、「DISにプロダクションプリント機目的で訪れたお客様もWILを見学頂くことで、どの企業にも存在するオフィス環境の課題について、気づかれることも多い」と、話す。
WILでオフィスの最適化を提案
 WILは、すべての業種を対象にワークスタイルデザインの提案、そして安心と信頼のためのコミュニケーションやサービスの提供など、多岐に渡る事業内容をリンクさせた体感型ショールームであると説明する。

 コロナ禍の現在は、検温チェックおよびマスクを着用することで利用することができる。また、従来の首にかけるゲストストラップを廃止し、同社の「AccurioPressシリーズ」で印刷可能な不織布ラベルのゲストステッカーを採用。さらに、商談ルームや、プロダクションプリンタのタッチパネルにも同社の製品サービスでもある「タッチセーフティ」で抗菌加工を施し、来場者の感染拡大防止に努めている。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP